現在時価総額2位の仮想通貨イーサリアム

ですが、個人的には2018年ビットコインを

 

抜くのではないかと個人的には予想しています。

 

理由は2018年さらに活躍の場が広がるのでは

と考えているからです。

 

今回はイーサリアム2018年どうなるのか?

ということに注目をしてみました。

 

イーサリアムこれまでのチャート

2017年当初はイーサリアムの値段は約

 

1000円ということでしたが、

 

この1年で10万円を軽く超えてしまうなど

 

おおよそ100倍近くに高騰をしています。

 

2018年1月は中国など各国の規制の報道。

 

コインチェックの盗難などの被害を受けて

 

価格は7万円ほどに落ち着いている状態です。

 

2018年Webbotの予想

AIによりWebbotの予測もされていて、

 

中にはイーサリアムも含まれています。

 

そのWebbotはイーサリムのことを

 

他のコインにはない値動きをする

イーサリアムのプラットフォームとするビジネスが

多数始まり、プログラマーが不足する

などの予測が出ているみたいです。

 

このプラットフォームが2018年広がり、よりイーサーが

使われていくことも

 

価格の上昇に大きく関係するのではないかと考えています。

 

イーサリアムは2018年アップデートを控えている

次にイーサリアムは2018年大きなアップデートが控えている

といいます。

 

「セレ二ティ」と呼ばれる大規模なアップデートが行われることで

 

コンセンサスアルゴリズムが、

POW(プルーフオブワーク)⇒POS(プルーフオブステーク)に変わるといいます。

 

POWというアルゴリズムはマイニングで承認作業を行うということです。

パソコンの処理能力を貸してあげることで

 

承認を行い仮想通貨を発行していくというアルゴリズムです。

ビットコインもPOWというシステムをとっています。

 

ただこれには問題点がありました・。

 

採掘者(マイナー)の意見が強くなってしまう

 

仮想通貨保持者とマイナーなど利害がずれ込んでしまう

 

たとえばビットコインはマイニングがむずかしいともいわれていますが

これを簡単にというマイナーの意見から分裂したのが

ビットコインゴールドになります。

 

このようにマイナーの意見が大きいために分裂などを

招く可能性が非常に高くなります。

 

またマイニングは電力が非常にかかるために

手数料なども跳ね上がる可能性もあります。

 

 

そこでPOSシステムは、イーサリアム保持者の割合で承認作業を

行うということになります。

 

マイナーとの利害の相違もないですし、なおかつ電力などの

 

費用を削減することにつながります。

 

よりスケーラビリティの問題にも開発を専念?

ヴィタリック・ブテリン氏が中国VCを去り、

イーサリアムの開発に専念すると

発表しました。

 

enbushi Capital社(ブロックチェーン、仮想通貨セクターで最も活発的な投資機関の一つ)をブテリン氏は

辞任することを発表しました。

 

今後はイーサリアムの開発に専念するということです。

 

特に開発をしようとしているのはブロックチェーンの

 

スケーラビリティの問題です。

 

近年ビットコインは取引量の増加により、

ブロック生成や送金の根詰まりの問題などが

指摘されています。

 

イーサリアムも取引量が増加しているのでいくらビットコインよりも

スピードが速いといわれていても、

 

スケーラビリティの問題は常についているということで、

そこでブテリン氏はより解決できるために

 

ブロックチェーンのネットワークの開発をすすめる

方向であると考えることができます。

 

 

この取引量の問題によるスケーラビリティの問題を解決できれば

より、快適に取引を行い、

 

それを拡大できますから。

 

それが発展すれば間違いなくビットコインを追い抜くことは

問題ないでしょう。

 

 

2018年イーサリアムに目が離せませんね。