2017年だけで見ると

仮想通貨市場は大幅に上昇し、

一時期、時価総額は100兆円近くに

達しました。

 

 

それぐらい成長に成長を重ねた

仮想通貨市場ですが、

2018年最初に投資を考えている人は

 

「もう投資をするのは乗り遅れているんじゃないか」

 

と心配することはありませんか?

 

結論からいうと

 

2018年仮想通貨をはじめるにあたりまだ遅い

ということはありません。

 

 

いやむしりこれからが

主流になってくるのではないか?

 

と思っています。

 

今日はその理由をお伝えしていきます。

 

 

ビットコインはまだまだ伸びると言われている

ビットコインは2017年におおよそ、

最大230万円台と

 

すごく価値を伸ばしてしまいました。

 

 

この時点で

「もう高値の天井なんじゃないか」

 

と考える人がいますが。

 

 

意見によってまだまだ伸びるんじゃないか?

という人はなかにいます。

 

仮想通貨の名前がようやく知れ渡ったのでは

ということで

 

まだまだ世間に仮想通貨が普及されていないからです。

 

 

つまり仮想通貨を求めている人がまだまだ

発展途上であると言えます。

 

 

需要が上がれば

 

発行枚数上限のあるビットコインは、

 

より価値が上昇します。

 

まだまだビットコインには伸びしろがあると考えます

 

 

ビットコインを猛追するアルトコイン

 

次にビットコイン2.0とよばれる

アルトコインも注目しておくとよいです。

 

 

ぶっちゃけアルトコインはビットコインの

時価総額を抜くのではないかとも考えています。

 

 

なぜなら機能的にもビットコインを上まわるものが
多いからです。

 

 

アルトコインをはじめとするネットワークや

プラットフォームの整備も進んでいて

 

それが世界中に普及をすれば

今の価値では考えられないぐらいに

 

爆上げをする可能性もあります。

 

 

そう考えると

2018年仮想通貨投資はまだ遅い

 

ということはないですね。

 

 

2018年は仮想通貨本番か?

 

以上のことから本格的にブロックチェーン技術が

 

使われ始める仮想通貨業界は

 

まだまだこれからであると

考えています。

 

 

今から遅いということはないので

仮想通貨を始めることをおすすめします。

 

 

特にビットコインの機能を受け継ぎ

 

パワーアップしている

 

アルトコインや草コインにも注目をすべきではないかと思います。

 

 

ただこれからより投機マネーが流れ込んでいく市場ですから

仮想通貨詐欺も横行する可能性が非常に高いです。

 

 

事実仮想通貨市場が上がるにつれて

消費者トラブルの相談件数も

増えているのが現状です。

 

投資するにあたり正しい知識を身につけて

正しい投資方法を学ぶことが

仮想通貨詐欺を抑えるための

 

1歩といえるのではないでしょうか。

 

 

詐欺などから身を守り大切な資産を
築いていきましょうね。