2017年はまさにリップルコイン(XRP)の

 

大きな値上げの年になりました。

 

 

 

一時期ずーッと20円台をうろうろとしていましたが、

 

 

2017年12月に入り、急速に価値が上昇。

一時期に400円台という高値をつけて

いきました。

 

 

非常に爆上げしましたが、

個人的にはまだまだリップルの値段は上がると考えています。

 

 

そんな中で。2020年リップル(XRP)の価格を予測してみました。

 

 

これまでの値段推移と2018年以降の展望

まずは、リップルコインの

長期的なチャートを見ていきましょう。

 

 

これが全体のチャートなんですが、

長期的なスパンで見ると

右肩上がりに価値が上がっていますね。

 

 

つまり、短期の値上がりがあれど、

 

 

長期的だとあがっていく可能性が非常に

高いので、長期的にリップルを保持することは

非常に重要であるといえます。

 

 

もちろん短期トレードなどの方法はありますが

私は絶対に狼狽売りはしないと

心に決めているんです。

 

 

2018年以降も右肩あがりは実現するか?

リップルコインは右肩狩りを実現するか?

ということですが、

私の意見としては長期的なチャートを見ると

 

今後も右肩あがりの上昇していくと

個人的に予測をしています。

 

現在2018年コインチェック騒動や、

各国での規制を考えているという発表で

値段を下げている時期ですが、

 

今は仮想通貨が世に出だしたことによる

反発や準備の段階ではないか?

 

と個人的に予測をしています。

 

 

つまり、法整備が進み、トラブルなどにも対処が進んでいくので

より仮想通貨が使われるための布石が出ると思います。

 

 

またリップルは、100社以上の銀行や企業と提携を行っています。

つまりこれらはリップル社が提携したといわれる

世界銀行のリストになりますね。

 

 

(その中でもSBIは非常にリップルに

入れ込みを行っています)

 

5大送金業者のうちの3社にもリップルを採用するという発表もしており、

そのうちの送金企業はマネーグラムであるとも言われています。

 

 

 

この送金業が広がり、いかにリップルネットワークができていくかが

勝負のわかれどころでしょう。

 

 

2020年には私の意見としてリップルネットワークがすでに構築を

されていると考えています。

 

 

仮想通貨は思った以上に、先を越えて進歩していきました。

そのために、リップルが世界中で使われ

送金があたりまえになっている

 

そんな未来がすでに遠くないところにまで

やってくると考えています。

 

 

2018年のwebbotの予想

マイクロソフトの元コンサルタントのクリフハイさんがリリースしている

webbotというaiソフトもリップルの価格予想をしています。

 

ただの機械のように思えますが、

非常にユニークな集計方法をとっていて

 

ブログやSNSなどのあらゆるネットの情報を引き出してきて

集計を行い、その中の感情を読み取るという非常に

面白い内容になっています。

 

 

 

実際にAIが今後たくさんの仕事をとるという

時代が来るといわれていますが、

 

 

世界的企業のゴールドマンサックスは

すでに人間からAiに置き換わっているということで

非常に驚きです笑

 

 

そんなwebbotはりっぷるのことを

このように予測をしています。

 

2018年5月から急激に上昇を初めて

2018年は本格的に上昇を行う

という予想をしています。

 

こんな材料も非常によい未来が予測できますね。

 

 

 

2020年リップルはいくらになる?

リップルネットワークが構築され、

リップルが当たり前になっている状態と考えると

 

私は1XRP1万円ぐらいは2020年には

実現しているのではないか?と個人的に考えています。

 

このころになると仮想通貨市場がさらに拡大されており、

300兆円は行っているのではないか?と考えています。

 

 

つまり、今の時価総額で考えれば普通に10倍になりますし、

今後は価値のあるコインが残りますから、

 

リップルは独自性を持った仮想通貨で生き残り価値を

あげる可能性が非常に高いでしょう。

 

 

2020年はこんな予想もあります

ちなみにツイッターなどでもリップルの情報は

大きく出回っています。


なんとこれが本当だったらものすごいことになりそうですね!

 

ちなみに2020年を見てみると

おおよそ1000ドルに達していることになります。

 

今が100円ですからおおよそ1000倍の上昇になりますね!

 

 

 

ちなみに2025年は8000ドルというえげつない価格になっていますね。

 

 

こうなるとほぼほぼ今リップルを購入しておけば

億万長者になる可能性はほぼほぼ間違いないでしょうね。

 

 

今のうちに購入しておくのも悪くは無いでしょう。

 

 

本格的にあがるのはリップルが実用化しだしてからと考えている

 

私の意見としては

リップルがえげつないほどあるのは

間違いなく実用化してからだと考えています。

 

 

好材料やよいニュースで1000ドルには達さないと個人的に

考えています。

 

 

世界送金機能が世界的に使われて、

クレジットカードやお店でためたポイントを

共通して使えるようになる、

 

台帳を仲介するシステムエクスローのシステムなどが

実際に整備されてこそ価値が上がると考えています。

 

 

まだまだ構築には数年かかると個人的には考えているのですが、

2020年ってちょうど節目のよい年だと思いませんか?

 

 

仮想通貨業界でも東京オリンピックや

ビットコインのマイニング半減期など

さまざまなイベントが交錯するのが2020年なのです。

 

 

リップルコイン、今後も激しく期待です。

 

 

リップルはどこで購入するべきか?

リップルはDMMなどの大手販売所でも

購入することができますが、

問題なのは手数料が多くかかってしまうということです。

 

 

実際に売買にかかる手数料は3パーセントから5パーセントも言われており

 

高値で取り引きをすればするほど手数料に持っていかれる

仕組みになっています。

 

 

なるべく損をしたくないのであれば

仮想通貨取引場を選択することが非常に合理的である

といえそうです。

 

 

取り引き所では板取り引きを行っていて

買いたい人と、売りたい人との

合意の下で取り引きを行っているので、

 

手数料が非常に安いのが特徴的なんです。

 

それを考慮するとリップルを購入するのであれば

ビットバンクが最適化と思います。

 

今のうちの安くお得に購入をしておいて、

長期投資にて莫大な資産を築いてしまいましょうね。