よくわからない仮想通貨が次々と

でてきています。

 

特に、名前が非常に大げさで価値のよくわからない

コインは注意が必要になります。

 

 

 

そこで今回見つけたのはトゥルーライフコインというもの。

トゥルーライフ=真の生活という感じなので

いったいどんなこいんなんですか?

 

というはなしなんですよ。

 

 

そこで今回はTLC(トゥルーライフコイン)について

検証をしてみました。

 

 

TLCコイン(トゥルーライフコイン)の特徴とは?

もし時間があればこちらの動画を

見てみてください。

 

1,非常に特徴がつかみにくい

まずTLCコインの特徴として

 

よくわからないというのが正直なところなんです。

 

 

たとえば仮想通貨においてはホワイトペーパーなど

仮想通貨の昨日や理念が記されたものが

あり、説明書のようなものがあります。

 

 

そのホワイトペーパーがいっさいないんですよね。

 

しかも、第2のビットコインだから

必ずあがるというような

説明ばかりがされていてまったく根拠がありません。

 

 

仮想通貨の勝ちは相場や周りの状況に反応します。

そんな中、明らかにあがるとのたまい、

シュミレーションまでされているという笑

 

これを買えば全員が億万長者になるような

気にさせられてしまいます笑

 

 

プルーフオブステークを採用?

次にコンセンサスアルゴリズムを

プルーフオブステークにしている

ということをやたら押しています。

 

 

 

 

ビットコインはマイニングにプルーフオブワークという

コンピューターの処理量に応じて

報酬を支払うというシステムをとっていますが、

 

 

プルーフオブステークというのは、

コインを持っている割合でブロック承認の割合を

決めるということです。

 

 

電力で承認が比例するわけではないので

一部のマイニング産業が利益をかっさらうということは

軽減することができます。

 

 

ただですね。このステークを採用している仮想通貨は

他にもありますし、プルーフオブワーク事態を

劣化版と考えるのはどうかと思いましたね。

 

 

あくまでアルゴリズムはひとつの方法であって

優劣を決めるものではありません。

 

 

それで第2のビットコインになる?はたして

意味がわからないのですが笑

 

 

代理店を通じてしか購入できないしやたらと購入価格が高い

次に広告代理店を通じてしか購入することができませんし、

 

購入金額がびっくりするほどたかいんです。

 

なんと最低でも37500円からしか購入できないですし、

しかも最高額はおおよそ150万円というえげつない大金です。

 

仮想通貨って取引場から1000円ぐらいから小額投資を

することが非常に特徴的なんですけどね。

 

またスパークルという会社の製品とやたらリンクをしていて

トークンを自由に交換できたり。

 

購入者得点でエナジードリンクなどを

得点としてつけているみたいです笑

 

明らかに買わせたい感じがして

もはや仮想通貨としての将来性が一切感じることができません。

 

 

TLCコインの将来性は

はい。申し訳ないですが、

TLCコインに関しては

 

一切将来性が感じることができません。

 

 

たとえばリップルコインは時価総額現在

3位を誇っていますが、

 

これは円やドルなどとつなぐための

ブリッジ通貨としての

特徴が非常に大きかったためだといわれています。

 

 

ようはコインそのものの機能性に将来性が高かったんですよね。

 

だからそれに応じて企業の提携や

取引所の上場などを行い、価値を上げたんです。

 

 

そんな中「いったい何のコインだかわからない」

TLCコインは価値をあげるのはむずかしいでしょうし。

 

そもそも取引所に上場するのかどうか?

ということも非常に怪しいですね。

 

 

間違いなくコインに手を出すことは

おすすめできません。