今後予測機能を用いて 

保険やかけごとに利用することが可能になるかもしれない

仮想通貨Augurについて紹介をしていきます。

仮想通貨オーガとは。その特徴は。

まずオーガーとは
プラットフォームの名称です。

通貨事態がオーガでなく、
集団の中で

REPという通貨単位を用いることに
なります。

2番手に位置するイーサリアムも
プラットフォームの名称です。

ではオーガーはプラットフォームで

どんな使い道を想定しているのかというと、

それは、予測市場になります

Augurというのは、日本語訳にすると

占い師という役割を果たします。

例えば予測市場に関して言えば、
1番印象的なのは

ギャンブルではないでしょうか。

「ちょうか、はんか」

といサイコロを投げるのも

予測市場の一つになります。

予測し当たれば、配当を受け取ることが

可能になりますね。

「なんだ。ギャンブルでしか使い道がないのか」

というわけではありません。

例えば保険も予測市場の一つです。

顧客は保険会社に保険料を支払い

病気になる→配当を受け取る

病気にならない→保険料を支払い続ける

という予測に成り立っていますね。

そう予測という概念は
私達の身近にたくさんあります。

またオーガはプラットフォームなので、

予測市場を誰もが開くこともできます。

オーガーの特徴として分散型ネットワークにて

予測市場をたてることができます。

例えば、これまでの予測は運営は全て

胴元が間に立ち運営をしていました。

例えば、宝クジとかは

掛け金は会社に全部が集まりますね。

その中で当選番号を決めて

配当金として支払いを行う
ということになります。

その他賭け事や保険に関して

今は全て管理会社や

運営が存在している状態です。

そこでオーガの登場です。

分散型の予測市場に個人が参加することができるので、

胴元や仲介所が存在しないと

いうことになります。

すると予測市場において

全ての取引が公平かつ

透明性が高いままに運営することが

可能になります。

レポーターという存在

次に予測取引に関する承認は誰がするのか?ということです。

ビットコインであれば、パソコンで承認することで

報酬をもらえるという、

マイニングという手法があります。

オーガーはというとレポーターという人が
承認取引を行います。

正しい承認をすれば報酬を渡し

不正承認だと没収を行い
対応をします。

オーガーの将来性は?

保険などは予測市場の一つです。

病気になると予測し保険料を支払い続ける

病気になれば保険会社が支払いを行う

これらの契約をオーガーの利用により

ブロックチェーンに書き換えることが

可能になります。

保険業界などがオーガーに置き換われば

金融大革命になりますね笑

ただ、スマートコントラクトを実装している

仮想通貨はけっこうありますので、

今後どのようにシェアを

分断していくのか?ということに

重きが置かれるのでは

ないのでしょうか。

もちろんセキュリティや
体制が整えば

オーガーのプラットフォームも台等

してくることは間違いありません。

そうすると今よりより
通過は使われ価値を上げる可能性は

非常に高いですね。

ひとつ懸念があるとすれば、
オーガの発行枚数に
制限がないということでしょうか・・・・
しかし。銀行のように
中央集権制を用いるものではないので
価格操作を行うために、
急激に発行されるということはないでしょう。