ビットコインキャッシュは少し落ちましたが、

 

現在イーサリアム、リップルに告ぐ、

時価総額4くらいを誇る通貨ですね。

 

ビットコインキャッシュが分裂をしているのに

時価総額に名を連ねるというのは

 

機能性そのものが今後も期待できるから

考えることができます。

 

そのビットコインキャtシュは今後も価値を上げると

私は個人的に予測をしています。

 

ではその理由を見て行きましょう。

 

ビットコインキャッシュは今後も将来性が明るい?

ビットコインキャッシュですが、今後も

将来性が明るいと個人的に考えています。

 

理由はまずビットコインのスケーラビリティの問題にあります。

 

ビットコインのスケーラビリティの問題

まずビットコインにはスケーラビリティの問題がすでにあります。

 

ようは取引量が今後も増えていく

アンド、今現在増えているという現状の中で

 

送金のスピードが遅くなっている

という問題があります。

 

取引量が増えれば増えるほど、これまでのダイジェスト

データーを記録しないといけないために

 

ブロックの容量が重くなります。

またマイニングによる計算もより複雑になっていくので

 

送金のスピードが遅くなってしまいます。

 

実際ビットコインのブロック容量は1Mと

大きくはないんですよね。

 

その問題を解決するために作られたのがビットコインキャッシュです。

ブロックの容量は8Mを超えるために

 

スケーラビリティの問題を解決できるとされています。

 

Bitmain社のジハンウー氏の発言

中国の強大なマイニング会社ジハンウー氏はビットコインキャッシュのことを

ビットコインキャッシュは最も現実的なスケーリング手法を採用しており世界規模のP2Pの電子現金システムとして最も適しています。

 

と述べています。

つまりビットコインよりもはるかに優れていると

とらえているということですね。

 

事実Bitmain社はビットコインキャッシュの先導者であると

言われています。

 

最初、ビットコイン開発者たちはビットコインにsegwitという機能を

実装させ取引のスピードを

上げようとしていました。

 

しかしジハンウー氏が所属するマイニング会社Bitmainが大きく反対を

してしまったのです。

ASICBOOSTという回路を用いてBitmain社はマイニングを行っているの

ですが、

 

segwitをビットコインにつけるとASICBOOSTができなくなってしまいます。

 

まいにんぐができないので、

 

マイニング産業としては死活問題になります。

 

その反対の結果落ち着いたのがビットコインキャッシュという

ことになるんですね。

 

ビットコイン分裂による問題

ビットコインはキャッシュではなく

さまざまなコインに分裂がされています。

 

分裂してしまうのはいいかもしれませんが、

分裂によってリプレイアタックという問題が

起こることがあります。

 

簡単に言うとブロックチェーンが交わり、分裂した方が、

もしくは、大本のビットコインが吸収されてしまう

という問題があります。

 

ビットコインキャッシュにはそのリプレイアタックの対策が採られています。

 

そのため今後分裂騒動によりビットコインから資産の移動として

ビットコインキャッシュに流れていく可能性も

なきにしもあらずなんです。

 

2018年AIはビットコインキャッシュの値上げを予測しています。

 

今後も2018年は目が離せませんね。