仮想通貨が詐欺だと考える人が増えたのは、

マウントゴックス事件があります。

 

このマウントゴックス事件を受けて、大々的にマスコミが

「ビットコインは怪しい」と報道を行いました。

 

マスコミの影響力は非常に強力ですから、

自然と仮想通貨そのものを敬遠するひとが

 

増えたように思います。

 

しかしマウントゴックス事件をしることで、

ビットコインそのものが悪いのではなく、

それを扱う取引所が悪い

 

ということがわかってもらえるかと思います。

 

 

マウントゴックス事件っていったいなーに?

マウントゴックス事件とはいったいなんでしょうか?

 

このマウントゴックスとは

2014年に最大の取引所である

 

マウントゴックスが破綻をしたという事件です。

 

何で破綻をしたのかというと

取引所のビットコインが盗まれてしまったからです。

 

ちなみに盗まれたビットコインはおおよそ110億円という

世間では考えられないような額です。

 

この人知っているよという人もいるかも

しれません笑

 

一時は都心のタワーマンションに住んでいたことも

あると思います。

 

このマルクカルプレスが担っていたマウントゴックス社

からビットコインがなくなったということになります。

 

 

預けていた顧客はとてもじゃないですが気が気でなかった

ということでしょう。

 

私もその気持ちは

非常によくわかります。

 

なくなったビットコインの保障はされたのでしょうか?

結論からいますと

100億円あまりの保証は

されなかったということですね。

 

 

たとえば銀行であればつぶれてしまっても

最大1000万まで保障など

ペイオフスキームなどのシステムが構築されていますが、

 

まだ仮想通貨が世に出た時点で

保障はされていなかったのですね。

 

そのため十分な保証はなく、

人々は狼狽したことでしょう・

 

マウントゴックスの真相は内部の人の反抗?

マウントゴックス事件の真相は以外な

終焉で迎えます。

 

これは内部の犯行であると

されたのです。

 

それは元CEOのマルクカルプレスが内部反抗で

ビットコインを抜き取ったということ。

 

しかもそれを使い込んだのですから

この日と自体は詐欺だといわれても

 

おかしくはないでしょう。

 

ただこの事件=ビットコインは詐欺

という認識が広まってしまいました。

 

 

そこでビットコインが怖いだとか詐欺だとか

といわれています。

 

悪いのは仮想通貨そのものではなく

取引所が問題になります。

 

その事実を見ないで

仮想通貨は怪しいとチャンスを逃してしまうのは

 

ちょっとおかしいのではないでしょうか?

 

それだけで思考を停止してしまえば

それだけで

 

大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。