ビットコインキャッシュを聞いたことはありますか?

 

「うーん。ビットコインと同じなんでしょう?」といいたくなりますね。

 

ただビットコイキャッシュはビットコインで分裂したものですから。

 

また違う性質を持っています。

 

ビットコインキャッシュの特徴とは?

ビットコインキャッシュの特徴とは?

 

ということですが、まずはこちらの図を見てもらえば

わかりやすいかと思います。

 

ようは簡単にいうとビットコインからブロックチェーンが

枝分かれしたものであると

考えることができます。

 

ブロックの容量を見ればわかると

思いますが、

 

ビットコインキャッシュの方がより、大きいということが

わかりますね。

 

 

これがビットコインキャッシュの最大の特徴です。

 

発行枚数2100万枚とビットコインとまったく同じになります。

 

どうしてビットコインキャッシュは登場したのか?

まずビットコインキャッシュに関しては

取引量増大による

 

資金の値詰まりの問題があります。

 

世界中でビットコインが使われていくと当然取引量が

どんどん増えていくことになります。

 

当然1分間当たりに取引する量は増大しますし。

 

ブロックごとにこれまでのダイジェストデーターが記録されていく

わけですから、容量がどんどん重くなり、

 

送金の遅れなどの問題があります。

 

そこでビットコイン開発者チームは取引スピードを上げるために

segwitという機能を実装しようとしましたが、

 

そこに待ったをかけたのが、

ビットコインをマイニングする人たちです。

 

実際ビットコインはプルーフオブワークという方式を

とっていて、マイニングを行うことで

セキュリティを保っています。

 

 

特に中国はマイニングがさかんでしたから、

Bitmain社など主力企業は発言権がものすごいのです。

 

そしてBitmain社が待ったをかけたということですね。

 

ビットコインのマイニングはもらえる量も

限られてきますから。

 

自然とマイニング報酬が減っていくということになります。

そこでマイニング産業からしたら

 

新しいコインを分岐すればまたマイニングをできるよりが

増える当然考えます。

 

結局開発者チームとマイニング会社などの話あいで折り合いが

ついたのはビットコインキャッシュの誕生ということです。

 

ビットコインキャッシュの将来性は?

ビットコインキャッシュは普通に考えるとビットコインより

機能が高いですから、

 

自然と価値が上がるのは予測することができます。

 

実際時価総額でもかなり高い位置で

記録していることがよくわかります。

 

なかなかな位置をキープしていることがよくわかります。

 

またWebbotというAIの予測システムでは

ビットコインキャッシュはお祭り騒ぎするほどあがる

とも言っていますので

 

今後もより期待ができそうですね。