ビットコインキャッシュという言葉を聴いたことが

ありますか?

 

これは仮想通貨の一種で今も時価総額の

高順位につめているものです。

 

 

ちなみにこのビットコインキャッシュはビットコインの分裂で

生まれたと去れています。

 

 

ですが、そもそも

「何で分裂するの?」と考えたことはありませんか?

 

 

今回はビットコインが分裂する理由について

詳しく見て行きたいと思います。

 

 

どうしてビットコインは分裂をしたのか?

実際にビットコインは2017年8月1日に

 

ビットコインが分裂を行い、

誕生したのが

 

ビットコインキャッシュという代物です。

 

どうしてこのように分裂騒動が起こってしまうのでしょうか?

 

これには、ビットコインの問題をまずは見たほうがよさそうです。

 

ビットコインでは要領が狭い?

ビットコインはブロックチェーンで取引を記録する

という革新的な技術ですが、

 

もちろん今後の課題も存在します。

 

それは、取引量が増加していくと

非常に重たくなってしまいます。

 

 

新しいブロックにはこれまでのダイジェストデーターが

記録されてしまうので、ぶっちゃけ

新しい取引がいっぱいになれば

なるほど、

 

重いパソコンのようにデーターオーバーを起こして

しまう可能性があります。

 

 

そのため送金時間が大幅に遅れたり

手数料が多くかかったりなども

ありますから。

 

それを何とかしたいと分かれたのが

ビットコインキャッシュということになります。

 

このようにブロック要領を解決したのが

ビットコインキャッシュということになります。

 

このようにキャッシュは8Mというブロック

要領を誇るのでより多くの

取引をしても

 

データーが重くなりにくいという性質があります。

 

これからも分裂を繰り返していく?

これからもビットコインは分裂を

繰り返していく可能性が非常に高いです。

 

まず、ビットコインキャッシュのほかに

ビットコインゴールというものがあります。

 

このビットコインゴールドが生まれた背景には

ビットコインのマイニングの問題点があったからです。

 

⇒マイニングを知りたい人はこちらの記事を

参考にしてみてください。

 

ようは、マイニングは多大なコンピューター処理と

電気代がかかるために、

 

だれもが公平に報酬を得られないですよね。

それを解決するために

 

生まれたのがビットコインゴールドという

システムになります。

 

このようにビットコインの問題が浮き彫りになれば

なるほど、今後も分裂を行うのでは

ないかと思います。

 

中にはビットコインとまったく関係のないのに

分裂をしたと

 

ブランドを利用した詐欺コインもあるかも

しれませんから、

 

今後注意が必要かもしれませんね。