仮想通貨に興味を持ち出した人であれば、

まず興味が出てくるのが

 

 

ブロックチェーン技術ではないかと思います

 

 

「なんだそれは?ただの計算式か?」

 

 

と用語を聞くだけでも頭がいっぱいになってしまいます。

 

 

私も最初はそう考えていました。

 

 

だって数学が苦手だったんだもの。

そんな複雑な計算式なんてよくわからない

と思ったんですよね。

 

 

ただ今や仮想通貨フリークとなった今では、

ブロックチェーン技術は間違いなく理解しておいた

ほうが良いと確信をしています。

 

 

なぜなら仮想通貨に投資をするべき判断を行うには

ブロックチェーンを知って

 

その可能性に投資をすることが大事だと

 

考えるからです。

 

 

思いっきり文系の私ですが、

わかりやすくブロックチェーンの仕組みを

説明していきたいと思います。

 

どうして仮想通貨にはブロックチェーンという技術が必要なのか?

どうして仮想通貨にブロックチェーン技術が必要なのか?

ということですが、
それは2重決済のリスクをなくすためです。

 

 

例えば電子マネーについてですが、

電子マネーは仮想通貨ではありません。

 

 

要は、これはお金の一種なんです。

 

 

つまり電子マネー単独では決済した後でも

「決済をしました。だからもう一度すると

2重決済になりますよ」

という証明ができないんです。

 

 

ようは2重決済が証明できないとなると

何度でも決済ができてしまってぶっちゃけ、

詐欺やだましなんてなんでもできてしまいます。

 

 

でも電子マネー単独では、

決済を証明することができない。

 

 

そんなときに一役買っていたのは銀行です。

間に立って

 

「決済を証明しますよ」ということで、

仲介をしているのです。

 

 

図に表すとこんな感じですね。

このように今までの法定通貨や電子マネーの証明は

 

銀行がアナログで証明するということで

 

取引台帳のようなものを作成していたんです。

 

 

そこで仮想通貨のブロックチェーンの登場です。

 

 

なんと仮想通貨のブロックチェーンは取引記録そのものを

 

ブロックの中に残すことができるようになったんです。

 

 

そのことで、

 

銀行に間に入ってもらって、

 

取引を記録しますよということをしなくても

 

よくなりました。

 

 

 

ようは個人間で仲介者を通すことなく

送金や取引を行うことを可能にするのです。

 

 

法定通貨→中央集権制【国や銀行が介在】

仮想通貨→非中央集権制【介在するものがない】

といえますね。

 

 

個人間で取引ができるということは銀行が間に入ることは
ないので

 

手数料を大幅にカットできる点にあります。

 

 

どうやってブロックチェーンに取引記録を書いていくのか?

ではちょっと難しいですがブロックチェーンの仕組みを

 

詳しく伝えていきます。

 

 

難しいですが、

究極に簡単に言うと

取引が1ブロックでこれまでのデーターを引っ提げてどんどん

チェーンのようにつらなっていく

 

と覚えておいてください。

 

まずは図を見てください。

ブロックは基本1取引につき一つの

ブロックを生成します。

 

 

しかし、取引記録に加えてこれまでのダイジェストデーターを

 

ブロックに保存をしていくのです。

 

 

新しいブロックが生成されていけばいくほど

 

これまでのデータはハッシュ関数という

 

記号として生成をされていくのです。

 

 

ちなみに隣り合うブロックはハッシュ値が

同じで整合性を保っているんです。

 

 

もし、ハッカーにブロックチェーンの取引情報を

 

簡単に改善されてしまうと

 

仮想通貨そのものは終わりになります。

 

 

そのためにビットコインでは

 

プルーフオブワークという計算処理を

つけて

取引台帳を承認しているのです。

 

プルーフオブワークとは?

プルーフオブワークワークはマイニング方法の一つです。

 

一番多くの仕事をした結果が

 

正しいと評価がされるようになり、

 

世界中の人々がマイニングに参加し、

 

新規ブロック登録を行うように争っているんです。

 

 

新規ブロックを承認することで、

報酬が支払われて採掘作業ができるからです。

 

 

このよにPOWで争ってみんなで合意していくことで

 

みんなで取引情報を監視しあっていると考えてください。

 

 

また一つの最長のチェーンを正規として考えているので

 

改ざんしたものは途中で枝分かれを起こしてしまい、

 

改ざんしたものとして無効と認識されます。

 

このように取引をみんなで争い承認をしていくことで

証明を作ることができます。

ブロックチェーンはどんなことに応用されていく?

例えば、ブロックチェーンは、

ビットコインであれば、取引の記録を

保存できるということです。

 

 

ではこのブロックチェーンの基礎をどのような

ことに応用することができるでしょうか?

 

 

例えば契約内容そのものを保存することができます。

 

 

契約をブロックチェーンに保存することができれば

 

ぶっちゃけ保険会社などの

 

存在は必要なくなるわけです。

 

 

この機能はスマートコントラクトとといい、

 

イーサリアムという

 

仮想通貨に代表されるのです。

 

 

このような活用は序の口で

 

今後ミュージックなどであれば

著作権をブロックチェーンに保存

食品などの成分表示そのものを

ブロックチェーンに記録

 

など様々な応用が可能になるんです。

 

 

このブロックチェーン技術そのものを検討すると

 

その仮想通貨の将来性を知る材料になるので

 

詐欺通貨をつかまされる可能性は大きく減少するはずです。