実際に2018年1月末にコインチェックで起こった

 

ネムの不正流出騒動。

 

実際に被害が起こった額は580億円にも

のぼり、はっきりといって倒産レベルではないか

と考えています。

 

 

実際にビットコインが抜かれたマウントゴックス事件も

倒産をきたしていますから。

 

580億円の被害はあまりにもでかい・・・・

 

今の状況と今後

こういったことを防ぐために絶対大事なことをお伝えしていきます。

 

 

そもそも何でコインチェックからネムが盗まれたのか?

どうしてそもそもコインチェックからネムが盗まれたのか?

 

これは一言で言うとコインチェックの管理方法が

まずかったというしかありません。

 

そもそもコインチェックでネムが保管されていたのは

ホットウオーレットでした。

 

つまり、ホット=インターネットがつながっている

ということですから。

 

ハッキングをモロに受ける可能性があるのです。

事実、ハッキングを受けて

 

ネムさんが抜かれていますから。

そもそもインターネットを遮断した

 

コールドウオーレットという環境を

にも保存することにも検討できたかもしれません。

 

今回は、まさにコインチェックの管理体制が甘かったようです。

 

※ただ、取引した金額は何かしらのウオーレットに

保管をしないといけません。

 

 

ペーパーウオーレットやら、ハードウオーレットやら。

いやそもそもハッキングをするような

 

犯人は裁かれるべきです。

ただ今回はコインチェックに非常に

注目が行っています。

 

これは、社長がまだ若手であること。

 

 

ハッキングした人があまりにも犯人像が

わからないためにコインチェックが全面的に

攻められているなと感じましたね。

 

被害を受けたネムは顧客へ自社資金で返却をするということだがいつにするか一切決まらず

現在被害を受けたネムに関して

 

「自社資金で返金を行う」と、会見で話をしていました。

 

ただ、いつに返金をするのか?ということは、

 

まだまだ決まっていません。

 

また、ネムのほかのアルトコインも

送金や出金そのものを

停止されている状態にあります。

 

つまりコインチェック内の顧客の財産を

完全に氷付けにされているということです。

 

これに耐えかね返金や入出金を求める

集団訴訟が2月中旬にも行われるらしいですね。

 

NEM財団は現在調査中

ネム通貨にはNEM財団というコミュニティがあるのですが

 

タグやウオーレットにマーキングをつけて

 

現在犯人を追跡&対策を行っているということ。

 

マーキングをつけることにより

盗んだネムを現金化できないように

 

しているということみたいですね。

 

 

ネム財団は行動力が早く

非常に関心をしました。

 

 

今後の対策は?

コインチェックは自社の資金で返金を行うといっています。

 

最悪倒産をするんじゃないか?

 

正直最悪の事態を考えておかないといけません。

 

実際12月にはハッキングを受け

youbitという韓国の取引所が

倒産をしていますからね。

 

かといって2月にコインチェックはアルバイトの募集を

大量にはじめるなど

 

「倒産なんかしないんじゃないか」という声も中にはあります。

 

ただ今回の事件を受けて

 

資産は移して自分で身をまもらないといけないと

おもいました。

 

そのためにハードウオーレットや

ペーパーなどオフラインで保管できる

 

ところに保管をしていくつもりです。