仮想通貨ブームがまさに2107年を機に火がつきました。

 

一時期2018年は100兆円に上る上昇をしましたね。

 

このままうなぎのぼりかと思いましたが、

 

しばらくすると暴落が起きてしまいました。

 

今回は仮想通貨DASHについて特徴と将来性を

考えてみました。

 

「なんだよビットコインよりマイナーなんじゃないの?」

と思いますが、

 

 

DASHは匿名性が高いということで

今後も利用される可能性が高い仮想通貨です。

 

DASHの特徴はいったい何?

仮想通貨なんてどれも同じでしょう?

 

と思いたくなりますが、DASHの一番の特徴は

その匿名性にあります、

 

一時期はダークコインという名前でしたが、

そのまま名前がDASHに変更をされましたね。

この画像を見てもらえばよりわかりやすいかと

思います、

 

1,匿名性が高い仮想通貨

DASHは匿名性の高い仮想通貨であるといわれます。

 

モネロやGcashバージコインなどもそれにあたります。

 

すなわちビットコインであれば

ブロックチェーンにすべての取引が

記載されて、送った人受け取った人など

 

記録が残ります。

 

しかし匿名性の高さの場合は

誰がDASHをおくったのかわからないようになっているんです。

 

送金元と送金先にプールを挟みこんで

送金もとがブロックチェーンに

記録されないようになっています。

 

これは送った人の記録をコインミキシングというシャッフルが

行われるために、

わからないようになってしまうのです。

 

「誰にも知られたくなくて取引をしたい」

という人には求められていく仮想通貨といえますね。

 

2,コンセンサスリズムはプルーフオブワーク

DASHはPOWというコンセンサスアルゴリズムをとっています。

 

ようはマイニングができるということになりますね。

 

3,取引速度がビットコインよりも早い

ビットコインであれば、

実際にはブロック生成がおおよそ

 

10分間かかるといわれています。

 

そこでDASHの場合は、おおよそ、4秒で済ませることができます、

 

比べてみると非常に早いですね。

 

これはINSTNTXというシステムを使っている

からだといわれています。

 

すごくむずかしいのでイメージほどでいいのですが

分散されたデーターからマスターノードを

 

選び承認をさせることで、

取引スピードを速めることができる

みたいですね。

 

DASHの今後の将来性は?

DASHですが、発行された当初はおおよそ

 

200円という値ですが、

 

2018年にはおおよそ50000円という高値で推移しています、

 

ぶっちゃけこの値上がりで大金を手にした人も

いるのではないかと思います、

 

DASHの将来性は明るいと感じています。

 

まず取引スピードの速さを利用して

自動販売機などで決済できる

 

システムに使用することもできます。

 

実際にコーラを誰がかったのか?とブロックチェーンに

記載されるのはちょっと抵抗が

 

ありますよね。

 

また買うけど知られたくないもあるでしょう。

そんなときにDASHは非常に機能性が

 

高いといえるでしょう。

 

ダークサイドの取引も需要があるかもしれない

もともとダークコインという名前もあり、

 

ダークサイドの中で秘密裏に取引がされる可能性も

なくはありません。

 

 

たとえば密輸や麻薬などですね。

このような取引の場合、匿名性が非常に大事になりますから笑

 

 

このようなダークサイドでより需要が高まる

可能性もあります。

 

ただそれが明るみに出るとそれが規制にでる

可能性もありますから。

 

その部分は注意していかないといけませんね。