仮想通貨Favtom(ファクトム)はあらゆる

 

記録をブロックチェーン上に記録する

 

ことができるプラットフォームの名称です。

 

 

安価で記録ができ証明書が作れる通貨は

今後も町が上がっていく可能性が

非常に高いです。

 

今回は仮想通貨Factom(ファクトム)の買い方と取引所について

紹介をしていきます。

 

 

仮想通貨Factom(ファクトム)に今後期待されていくこと

仮想通貨ファクトムに今後期待されていくことでは

 

証明書の記録を利用して

 

あらゆる契約や証明を請け負うということです。

 

 

たとえばアメリカの住宅メーカーは

ファクトムを採用することになります。

 

1兆円規模の住宅市場をファクトムで利用するという

ファクトムハーモニーという

 

試みがあります。

 

そのほかにもファクトムは資産管理や

 

貿易の記帳、選挙の記録など、住宅業界でなく

 

さまざまな場面で応用がきく可能性があるのです。

 

ファクトムはどこの取引所で購入することができるのか?

仮想通貨Factomですが、もともとコインチェックで購入することが

 

できていたのですが、あのNEM騒動で現在出金ができない

状態になっています。

 

業務再開をするまでは国内で購入することは

現在できない状態になっていますね。

 

そこで海外の取引所である

 

bittrex

 

poloniex

という海外の取引所で

購入することができます。

 

 

コインチェックの再開を待つか

海外の取引所で購入を行うか

 

どちらかになりますね。

 

国販売所で購入することのメリットとデメリット

国内販売所で購入することのメリットとしては

まず、簡単に購入をしやすいということが

第一でしょう。

 

日本円を基軸にして購入することができるので

 

銀行振り込みだけで簡単に買えるというメリット

があります。

 

また日本ならではの保障制度などを受けることが

できます。

⇒事実コインチェックは盗まれたネムを自社資金で

返すとも行っています。

ただ、いつに返金されるのか?

明らかにされていませんが。

 

ただ販売所はスプレッドが非常に高いので

手数料が多くかかってしまいます。

 

 

海外取引所のメリットとデメリット

次に海外取引所で購入するメリットとしては

 

取引所のために手数料が安いということですね

 

ただ日本円で購入することは不可能で

 

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を基軸としない

といけないために、

 

手間が少しかかるということです。

 

ただやってみるとすごく簡単にできるということが

私の中で実感することができました。

 

方法としては国内取引所であるzaifでビットコインを購入し

それを送金して海外で購入するというのが

 

一番安全で安く買える方法だといえますね。