「リップルは絶対にガチホ」

 

とリップラーはそういいます。

 

ガチホとはどういうことかというと

 

一言でいうと、手放さずに保持し続けるということですね。

 

 

実際に手放すというのは、リップルが暴落してしまい、

 

損きりをしてしまうということと

 

価格上昇に利確してしまうということですね。

 

 

そのリップルをガチホするべき理由ってなんでしょうか?

 

真剣に考えていきます。

 

 

リップルガチホで沸いた2017年!

まずはいい思い出から振り返っておきます。

 

 

2017年はリップラーにとって大きな年になりました。

 

 

それは2017年20円台をウロウロしていたリップルが、

 

年末にかけておおよそ400円代という価値にまで上昇をしたということ。

2017年今か今か?と待ち望んでいた人は

 

まさに歓喜をしたのではないかと考えています。

 

 

20円台が400円台になったということは、

 

おおよそ20倍の高騰をきたしたということになりますから。

 

 

この時点でリップルによる億万長者も多数存在したのではないか?

 

と思いますねー。

 

これらは大手企業との提携。

 

リップル社による550億XRPのロックアップ完了

 

と、明るいニュースや安心感が出たことが大きな原因かと思われます。

 

 

また年末はビットコインが230万円台の最高記録を更新するなどもあったので

 

それにつられてアルトコインも上昇したものだと考えられます。

 

 

リップルをガチホするには今が仕込みどき?

2017年はガチホによリップラーにとってまさに報われた

 

年になったと思います。

 

高騰を見て、

 

「今すぐ仮想通貨を買わねば」と買いに走った人も

 

たくさんいたと思います。

 

 

しかし、何事も順風満帆であるとはいえませんでした。

 

2018年当初に話題が挙がったのは、韓国や中国など各国で

 

規制に進んでいくというニュースです。

 

 

最近ではグーグルも仮想通貨に関する広告を2018年5月から

 

禁止するということを発表し、大きく下げ相場になってしまいました。

 

 

ビットコインも100万円を切るなどの暴落をしてしまいましたし、

 

リップルも400円代だったものがまさかの60円を切るというような

 

結果になっています。

 

 

しかしピンチだからこそ、チャンスに変えていくことが大事です。

 

まさに100円を大きく切っているリップルはガチホのしどきではないかと

 

思います。

 

つまり暴落の今のうちに購入しておくことで、

 

2017年の時のようにばーんって上がったときまで

 

持っていれば、間違いなく利益を大きく得ることができます。

 

 

「でも、またリップルが上がるなんて保障はどこにもないだろう?」

 

いや私はこれからもリップルは大きく価値を上げる可能性があると見ています。

 

 

リップルが値段を上げていく可能性がある=ガチホするべき

 

という方程式は大きく成り立つと考えるので。

 

 

リップルをガチホするべき材料についてみていきましょう。

 

 

リップルをガチホするべき大きな理由

リップル社の提携数がどんどん増えている

 

 

うーんこれだけで、リップルをガチホしたくなる理由の

 

ひとつですね。

 

つまりリップル社と提携している企業がどんどん

 

広がっているということ。

 

つまり、リップルネットワークがどんどん広がっているです。

 

つまりネットワークが構築されればされるほど、

 

世界送金が行われるステージまで近くなりますから。

 

 

これから先の将来性が非常に高いということですね。

 

 

ちなみに最近ではMoneyGramという大手の送金企業が

 

リップルを使用すると発表をしました。

 

 

これを受けてリップルは一次的に

 

40パーセントまで上昇をしましたからね。

 

 

発表だけでこのボラリティですよ。

 

 

これが実用化されてしまえば、まさにリップルの時代が到来するかも

しれません。

 

 

2017年年末の記憶が新しい

2017年年末はまさにリップルのステージになっています。

 

事実20円台だったリップルが

 

まさかの400円まで爆上げをしたのですから。

 

 

実際この値上がりに沸いたリップラーが何人いるでしょうか?

 

実際リップルはコミュニティやファンなどの熱狂者が

 

多く支得られているところも非常に多いです。

 

 

 

そう。リップルには愛があるんですよね。

 

すみません、少し理由がそれてしまいました。

 

 

ただこのように愛しているコミュニティがいる以上

 

コインの価値は支えられていくんじゃないかと思います。

 

 

しかも国際送金としてのブリッジ通貨としての

 

アイデンテティもしっかりと持ち合わせています。

 

 

リップル通貨が使われてしまえば自然と価値が高まるループが起きる?

次にリップルは仮想通貨としての流通が非常に

 

特殊的であるといわざるをえません。

 

 

たとえばビットコインであれば、2100万枚という上限がありますが、

 

すべてのビットコインは市場に出回っているわけではありません。

 

 

採掘作業という徐々にマイニングにより掘り起こしていくことで、

 

2100万枚が100年かけて発行されていく仕組みになっています。

 

 

ではリップルはどういうことかというと、

 

1000億枚はすべて発行されていてこれ以上は発行されない仕組みになっています

 

 

つまり、眠っているリップルは無く、すでに1000億までとまっている

 

ということ(そのうちの6割はリップル社が保持しており、550億枚はロックアップ中)

 

すでに発行が増えないリップルは使われていくことで、

 

数が消滅していくということが大きな特徴です。

 

 

使われれば使われていくほど、リップルの数が減っていく。

 

 

つまり、価値は上昇していく傾向にあるということ。

 

 

世界送金などで大きくシェアを占めることができれば、

 

より使われて求めていく人が増えていく→希少性の上昇。

 

数が減り、価値が上がる→限定性の増加

 

ということで、より価値が相乗的に

 

上昇すると考えることができます。

 

 

反対意見もあります

もちろん反対意見もあります。

 

それは先ほどにもあげた。

 

MoneyGramと提携を発表した後に急激に価格が高騰をしましたが、

 

その後、もとの価格に戻り、かつ暴落をしてしまったことです。

 

これを受けてこれまでのようにいかない。

 

 

国際送金が行われても果たしていくらになるかもわからない

 

という不安から、狼狽売りをしてしまう人も仲にはいるんです。

 

 

特に2018年からの参入者はがっかりしたと思うんですよね。

 

 

「これが仮想通貨か?」と暴落を間のあたりにして

 

退場した人も中にはいるかと思います。

 

 

でも私はガチホを続ける

でも私はリップルのガチホを続けようと考えています。

 

なんで?

 

 

それはリップルの可能性を心から

信じているからですね。

 

 

もしリップルを投資していて

 

「心が折れそうだ」となる前に心おいてほしいのが、

 

 

仮想通貨はあくまでも余剰資金と

 

知識を持って投資をするべきということ。

 

 

勉強もなしに全財産となると

 

自然と価格の下落に耐えられなくなって

 

狼狽売りしてしまう可能性が非常に高いんですよね。

 

 

だから私は

 

仮想通貨の知識+小額投資で

 

これからも続けようと考えています。