ネムがハッキングされてしまいました。

 

 

それにより、

「仮想通貨はもうやばいなんじゃないか?」

と思った人もいるかと思うんですよね。

 

 

 

今回はコインチェックのようなハッキングも踏まえて

今後リスクを守るために

できることについてお話をしていきます。

 

 

コインチェックがハッキングされたのは保管体制が甘かったから

コインチェックがハッキングされた件ですが、

 

これはコインチェックの管理体制があまかったことに

 

ほかなりません。

 

 

実際にはインターネットにつながるというホットウオーレットに

保管をしていたことで

仮想通貨がサイバー攻撃を受けて

 

ネムがごっそりと抜かれてしまったのです。

 

今も追跡をしているみたいですが

すでにネムそのものが

 

ほかの通貨に変えられている可能性が高く

 

今後の追跡が非常に困難であるということ。

 

 

悪いのは仮想通貨ではない

ちなみに今回の事件を受けて

「仮想通貨はやばい」と考える人がいますが

 

仮想通貨そのものは一切悪くはありません。

 

 

いつの世にも悪者にしてしまう人は

それを扱う人間です。

 

 

 

マウントゴックスでごっそりと抜かれてしまったときは

 

「仮想通貨は詐欺だ」と大々的にマスコミが報道を

してしまいました。

 

 

それにより仮想通貨は詐欺だと

自然に考えてしまう人が後をたちませんでした。

 

 

何度もいいますが仮想通貨が悪いのではなく

悪いのはそれを悪用したり

 

盗む人がいるということが問題になります。

 

仮想通貨をハッキングなどのリスクから守るためにできること

今後仮想通貨のハッキングから

 

身を守るために

私たちは何ができるでしょうか?

 

 

ここではその方法を紹介しておきます。

 

1,取引所の分散を行う

そうコインチェックにも藤崎マーケットのときさんが

 

全額をネムに突っ込んでいて

 

それを盗まれて被害を受けたという人が

有名になっていますね。

 

 

このように投資の世界では、

一点集中を行うことは

 

非常にリスクが高いということを

注意しておきましょう。

 

 

そのため分散して取引所を利用することが

すごく重要です。

 

 

実際一方が最悪つぶれていても

資産として

 

ほかの取引所の分の資産は残りますからね。

 

2,コールドウオーレットに保管する

コールドウオーレットに保管を行うという

方法が一番自分の資産を守ることに

つながるのではないでしょうか。

 

 

 

コールドウオーレットとはインターネットでつながらない

場所に保管をすることで

 

ハッキングなどのサイバー攻撃から

身を守ることができます。

 

 

ペーパーウオーレット

 

ハードウオーレット

 

というものがありますが、

 

断然私おすすめするのはハードウオーレットですね。

ビットコインをはじめとして

 

さまざまな仮想通貨を

USB形式で保管することができる

 

 

ハードディスクのようなものであると

考えておいてください。

 

 

ちなみに必ず公式サイトから

購入をするようにしてください。

 

 

なぜならどこから出回ったものが

わからないと

 

細工を行い。そこから仮想通貨が盗まれてしまう

可能性があるからです。

 

 

※実際にハードウオーレットはメルカリの出品も

禁止されています。

 

それだけ、危険性が高いということです。

 

したがってハードウオーレットは必ず

 

公式サイトから購入をするようにしましょうね。