マイニングでビットコインがもらえることができるのか?

 

結論から言うとマイニングでビットコインをもらうことは
できます。

 

実際にコンピュータに電気を入れて

パソコンの処理能力を貸してあげることで

 

ブロックチェーンの承認作業を行い、

その報酬としてマイニングの報酬を

もらうことができます。

 

⇒ブロックチェーンがわからない人は

この記事を参考にしてみてください。

 

そこでマイニングの報酬が半分になる

マイニング半減期という用語を聞いたことがありますか?

 

今回はその部分にしぼり解説をしていきます。

 

マイニング半減期とは?マイニングによってもらえるビットコインの量が半分になるということ

実際、マイナー事業に代表されるように

スーパーコンピュータをさくさくと回して

採掘活動をしている国や企業も

 

多いですが、

 

マイニング半減期とは、その報酬がおおよそ半分になるということなんです。

 

ちなみに当初はマイニング報酬は50BTCという

報酬額ですが、

2012年で、おおよそ25BTCの現象をしています。

 

2016年には12.5BTCまでに現象

 

次の半減期は2020年に来るといわれています。

ちなみにマイニング半減期は

 

おおよそ4年周期でやってくるといわれています。

ビットコインのブロック生成時間は10分間かかるといわれています。

21万ブロック生成されるのが、おおよそ4年間の計算に

なるということです。

 

 

なぜマイニング半減期が起こってくるのか?

どうしてこんなよくわからないマイニング半減期が起こるのか?

ということですが、

 

これは一気にとりすぎることにより価値が下落することを

防ぐためです。

 

ビットコインは金にたとえられますが、

世界中の金が取り尽くされてしまうと

希少価値が下がってしまいますよね。

 

ようは少しずつ採掘をしていくことで

金の価値を保とうとおいうことです。

 

ビットコインに関しても同様で

急速に採掘すれば出回る量が増えて価値が下落する

可能性があります。

 

 

そのため、マイニング半減期を利用して

ビットコインが急速に採掘されないようにしています。

 

おおよそ2040年にすべてのビットコインが

採掘される予定になっています。

マイニング半減期にはどのような変化が起きるのか?

マイニング半減期はビットコインの価格にどのような

影響を及ぼすのでしょうか?

 

それは、マイニング半減期の前には

ビットコインの価値が急上昇することが多いと

いわれていますし、これまでもそうでした。

 

これは、マイニング半減期でもらえる報酬が半減すると

出回っていくビットコインの数が

少なくなってきますから。

 

「今のうちに買っておこう」

と買い込む人が増えるためだといいます。

 

買うと価値は自然と上がりますから

 

マイニング半減期は価格上昇のチャンスといえます。

 

 

次回のビットコインマイニング半減期は2020年

次のマイニング半減期は

2020年になります。

 

その時期に価格を上げる可能性があるので

ビットコインの今後の値動きにも

注意ですね!