「仮想通貨を買おうと思うんだけど
どこで買えばいいのかよくわからない」

今日はそんな人のために記事を書きました。

 

 

ぶっちゃけどれも同じに見えますが

 

 

仮想通貨には取引場と販売所の2つが

ありますのでそれぞれ役割をしっておいて

 

もらえたらなーと思います。

 

 

仮想通貨を取引するうえで

 

使い分けを行い、2つの特性を利用していきましょう。

 

 

仮想通貨取引場とは?

 

仮想通貨取引所は基本的に売りたい人と

 

買いたい人と2手に分かれて個人間でやりとりを

 

することが目的になっています。

 

 

Aさんは100円で売りたい

 

Bさんは100円で買いたい

 

このような希望が合致すれば取引を行うことが成立します。

 

 

取引所を利用することのメリット

取引所を利用するメリットとして

 

仲介業者がいないので

スプレッドをとられる割合が非常に少ない

 

指値注文ができる(ようはいくらになったらと

値段を指定しておきその時点で売却を行う)

 

ということです。

 

 

取引版を見てリアルタイムで取引できます。

 

そのトレンドを見て実際に行うために

 

投資をしているという実感が強いです笑

 

 

「なるほど、手数料がとられないんだったら
そっちのほうがいいじゃん」

 

と考える人がいますがもちろんリスクもあります。

 

 

デメリット

板を見ての取引になるので顔が見えない

 

いざ暴落などで「売りたい」と考えても

 

みんな売りに出していて相手が見つからない

ことがある

 

若干専門的な特色が強く初心者は拒否反応を示す

 

このようなことがデメリットとして
上げられますね。

 

 

特に仮想通貨はまだまだ流動性が十分でないと言えるので

 

自分の思ったときに通貨を買いたい

 

この値段で売りたい

 

ということが自由にできない可能性があります。

 

 

ようは相手がいることで取引が成立しますからね。

 

 

このようなやり取りが専門的で

拒否反応を示す人も

 

中にはいるのではないのでしょうか。

 

 

仮想通貨販売所とは?

仮想通貨販売所ですが、

 

これは、実際に業者が仮想通貨を

 

販売しているところになります。

 

 

このように

販売者が相場を設定のもと

購入や売り買いを行うことができるということです。

 

 

「高い手数料をとられるのでは?」

 

と思うかもしれませんが、そこには実際メリットもあります。

 

販売所のメリット

操作が非常に簡単

 

売りたい分や買いたい分を確実に

 

行える可能性が高い

 

24時間いつでも購入や売却を可能

(もちろん例外もあります。

 

例えば販売所がトラブルになった場合は

 

一時凍結した例もあります)

 

ではデメリットは何でしょうか。

 

 

業者が仲介にくるので

取引するたびに手数料がとられてしまう
可能性がある

 

安定して、売り買いを販売所から行うことができる分

仲介手数料は

数パーセントとられるということです。

 

 

初心者はまず販売所なれたら取引場へステップアップしていこう

まず初心者の場合は操作が簡単な販売所を利用するのが

よいでしょう。

 

慣れてきたら、

ステップアップを行い、

 

よりリアルで、手数料の少ない

取引所を選ぶほうが良いのではないかと

思います。

 

 

経験と目的に合わせて

各々の機能を使い分けをしましょう。

 

 

私も複数の販売所や取引場に

 

登録したうえで、

 

自分の目的に合わせて使い分けをしている段階です。

 

 

最後に販売所や取引場は仮想通貨預かり所ではない

最後になりますが、

 

販売所や取引場で仮想通貨を預けっぱなしにするのは

 

やめておきましょう。

 

 

理由はハッキングや、母体そのものが倒産する可能性

 

があるからです。

 

 

つまり、せっかく利益を出しても

 

トラブルによって資産がすべて

 

吹っ飛んでしまう可能性があるからです。

 

 

そのために、ある程度投資になれてきたら

 

あなたの資産を守るために

 

ハードウォレットの準備をお勧めします。

 

 

これはネットからキリ離れた

 

オフラインの環境で保存することができるために

 

ハッカーなどの攻撃を受けることはありませんから。