今回は仮想通貨でのICOという用語を解説します。

ちなみにICOは仮想通貨とは
切っても切り離せないと思いますので

初心者の人は絶対に目を通して

「こんな感じなんだな」ということを

わかっておいてくださいね。

 

私も仮想通貨を勉強しだして

わりかし早くぶち当たったのが、

ICOという仮想通貨用語でした。

 

では実際にICOとは何か?

ということを詳しく見ていきたいと思います。

仮想通貨のICOとはいったい何?その目的は?

仮想通貨のICOとはいったい何でしょうか?

 

その目的はいったいなんでしょうか?

簡単に言うと

仮想通貨を企業や、プロジェクトが発行し

それで資金集めを行うことを言います。

イメージとしては株式に近いのではないかと

思います。

 

株式を発行して、資金を集め価値をあげるから

買っておいてという話ですね。

 

 

ICOを発行する側のメリット

 

まず発行者側のメリットとしては

仮想通貨を用いて資金集めを行うことができる
ということです。

 

 

例えば、仮想通貨を開発しようと思っても

開発にはお金がかかりますよね。

 

 

ベンチャー企業などは信用がまだ少ないために

多額の借り入れを銀行から行うのは

非常に難しいですよね。

 

 

そんな莫大なお金を仮想通貨を調達することで

集めることができてしまいます。

 

 

その集めた資金をもとに開発を進めるということに
なりますね。

 

 

まさに現在風の資金集めって感じですね。

 

 

ICOを購入する側のメリット

ICOは実際にコインやトークンを

企業側が買ってくださいということで

 

独自に発行したものを

消費者に買ってもらおうとするわけです。

 

 

ただ買ってもらうからには

購入者のメリットも非常に気になりますね。

 

 

まず購入者のメリットとしては

事前に買っておけば後から

価値があがりますよということです。

 

 

企業はトークンなどをプレセールと称して

消費者側に売り込みを行います。

 

 

プレセールなどの期間は
格安で購入できることが多いです。

 

 

買ってくれれば、開発を行い、

 

私たちは有名になっていきますよ。

 

そうすれば買ってもらったICOが価値を上げていきますよ。

というものです。

 

事実プレセールで購入したトークンが

 

取引所に上場したとたんに

 

数倍~数十倍と高騰を見せることも

少なくはないのです。

 

 

ICOに参加するときの注意点

「事前に買って価値があがるのなら今買わない

手はない」ということでICO参加に表明する場合

 

注意点がありますので気を付けて下さい。

 

 

それはICO詐欺に注意をしないといけないということです。

 

 

「資金を集めるだけ集めて
急にどろん」

とお金を集めるだけ集めて消えてしまう集団も中にはいて

 

 

投資したお金をすべて持ち逃げされてしまったという

人も中にはいます。

 

 

このようなことを防ぐために、

今後はより、ICOにも規制がかかっていくと

 

思いますが・・・・

 

この分野はまだ仮想通貨詐欺などにも

結びつく可能性があるので

最新の注意を払わないといけません。

 

 

企業の理念や仮想通貨の仕組みを利用したホワイトペーパーを活用しよう

企業の理念や仮想通貨の仕組みを記載した

企業が発行したホワイトペーパというものがあります。

 

 

実際にICOによっては

 

ホワイトペーパーの発行すらもしていない

 

ということがありますので

 

そのような場合は論外と考えたほうがよいでしょう。

 

 

ホワイトペーパーは英文ですが

 

翻訳機能を追加しても見ることを

おすすめします。

 

 

なぜならば、見ればブロックチェーンをいかに活用をするのか?

企業そのものの理念がよくわかるからです。

 

 

将来機能が役に立つと価値を求められることができれば

 

将来価格を上げる可能性が高いと

投資を安心して行うことができます。

 

 

ICOトークンに参加するには?

もしあなたが今後参加したいICOがあったとします。

 

 

しかし、購入したくても

日本円やドルで購入することはできないです。

 

実際には

 

ビットコインやイーサリアムなどの通貨を

 

購入しておき、それを送ったうえで

 

交換を行うという手順が主流になるでしょう。

 

 

まずICOに参加する手順としては

 

仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムを

 

購入することから初めてみましょう。