今回はビットコインの使い道について紹介をします。

 

一見ビットコインって投資の対象となるばかりで、

実用的に使えるというのは

わかりにくいですよね。

 

「買えばあがる。そういうもんじゃないの?」

と最初は考えていました。

 

でも今現在ビットコインは急速に普及されており、

決済できるところも増えてきました。

 

今回はビットコインの使い道について詳しくお伝えしていきます。

 

ビットコインの使い道とは?どこで決済することができるの?

では具体的にビットコインはどのようなところで

使い道がうまれるのでしょうか?

 

ビットフライヤーを通じてのギフト券の交換やビットコインによる買い物

ビットフライヤーという仮想通貨販売所があります。

 

その販売所に預けているビットコインを

 

アマゾンのポイントカードなどに利用することが可能になります。

 

ビッグカメラでビットコイン決済

ビッグカメラでビットコイン決済をすることができます。

 

実際にビットフライヤーのウオレットにビットコインを

保存します。

 

そして店員にビットコインで支払いを行いたい

といえば、QRコードにかざすので

実際に決済をするという方法で終了するみたいです。

 

ちなみ家電店は決済にて、ポイントがつくということが多いですが、

ビットコインも支払うことで

 

ポイントを得ることができるようになります。

 

ちなみにビットコインに関して、

「支払いが10分間かかるのではないか」と心配する人がいます。

 

なぜならブロック生成時間はビットコインの場合

10分間かかるということがあるからです。

 

ただこれに関しては今のところ心配する必要は

なさそうです。

 

とりあえずブロックチェーンの外で記録を完了する

というのが主流みたいですね。

 

そして後でブロックチェーンに記録されるのを

待つという方法をとるというこですね。

 

実際一時的に記録をする業者としては

ビットフライヤーが間に入っているということ。

 

旅行会社HISで決済が可能

 

有名な旅行会社HISでビットコイン決済を行うことが

できるということ。

現在は都内ということですが、

 

今後は全国的に広がっていくのではないかと考えています。

 

今後も店舗は拡大していくだろうという見方

ビットコインの使い方の一例をおつたえしました。

ただしこれは序の口で今後も

間違いなく

 

ビットコイン決済できるところは

増えていくと考えています。

 

特に2020年には東京オリンピックで

世界中の人が集まるので

 

ビットコインをはじめとして日本発のモナコイン

なども

決済できる店が広がりそうですね・

 

仮想通貨、今後も期待です!