2017年仮想通貨元年と呼ばれますが、

それを機に仮想通貨について存在を知った人もいるのでは

ないでしょうか。

そこで仮想通貨とはいったい何か。

意味がよくわからないんですよね・・・・・・

最初は私も何が何やらわからず

首を傾げてしまった記憶があります。

 

今回は昔の私のような思いをしている人を振り返り

仮想通貨とは何か?ということを初心者にわかるように全力で説明していきたいと

思います。

仮想通貨とは何か初心者にもわかるように解説します

仮想通貨にはビットコインの誕生が欠かせない

仮想通貨とは何か?を知る上でビットコインの誕生が欠かせません。

サトシナカモトという1人の人間が

p2pシステムというたった9ページの論文から

ビットコインは誕生しました。

 

サトシナカモトは謎に包まれていて、

プログラマーとやりとりした時など

プライベートなことは

一切話さなかったといわれています。

 

⇒詳しくはビットコインを開発したサトシナカモトとは?

という記事を参考にしてみてください。

もしかしたら今の可能性を予測し、

 

自分の身に危険が及ぶのを予測

していたかもしれません。

プログラマーに開発を一任し前線からおり、
全て謎につつまれているんです。

 

仮想通貨も紙幣も元は同じ

今使われている法定通貨も
仮想通貨と同じく

仮想の原理を持っているのはわかりますか?

紙幣はそもそもものとして見れば

価値は一切ありません。

 

正直ただの紙切れとしか価値はありません。

そこで紙幣の価値を保証するために
利用したのが金でした。

これを金本位制といいます。

金は価値が非常に高いです。なぜなら
採掘できる量に限りがあるからです。

 

無限に取れれば。価値なんてありません。

0円で手に入れることができますから。

紙幣と金で保証しながら、徐々に定着したころ、今度は

紙幣を国が保証したんですね。

これを法定通貨といいます。

 

今や円やドルの基準ということですね。

ただ、国が保証をしながらも不景気などは

お金をたくさん製造するために

出回る量が増えて

必然的に価値がさがります。

つまり、同じものでも物価が上昇するために

高くなってしまうということですね。

実際にギプロス危機がありましたが、

国が発行する紙幣がほぼ無価値であると

され、法定通貨がひきだせなくなる

ということもありました。

ようは紙幣は現物ですが、

バックグラウンドにはバーチャルが

存在するんですね。

仮想通貨は電子マネーとは少しちがう

仮想通貨は電子マネーでしょ?

と考える人がいますが、

電子マネーとは少し違います。

電子マネーはまず、
無限に発行することができます。

それでは、全く価値がつかないですね。

また取引をするためには結局銀行が間に入り

取引台帳をつける必要があります。

台帳をつけることで、

二重決済などを防止するための

証明を作る必要があるからですね。

結局は電子マネーといっても

紙幣などの法定通貨と本質は変わりません。

仮想通貨は取引記録を残すことができる

仮想通貨たるゆえんは

取引記録そのものを残すことができるということです。

取引記録をそのまま残すことで、2重

決済を防止することができます。

すなわちこれまで銀行が間に入り仲介をしていたのですが、

仮想通貨を用いれば、

全世界どこからでも、

 

個人間で繋がり取引をすることができます。

しかもビットコインであれば10分。

リップルであればそれよりも

早く送金することができます。

 

これまでの取引をより迅速に

かつ取引記録が記載されることで

大幅な手数料カットができるんですね.

ネット端末を対等に結びつけるp2pシステム

次に仮想通貨に特徴的なのは、

端末同士を結びつける

P2Pシステムです。

例えば銀行の場合はサーバーシステムですから、

データが集まるとサーバーがダウンを

起こしてしまいます。

 

すると処理に非常に時間がかかり取引そのものが

 

うまくいかにリスクがあります。

 

たとえば一時的にアクセスが大量に集まると

サイトが固まってしまうでしょう。

 

すなわち、サーバーが集中することで

動かなくなってしまいます。

 

それを買いけるするのがPSPシステムということ。

 

 

ようは端末同士を結びつけるので

データーそのものが分散型になり、

 

やりとりが個人間でスムーズに行うことができるのです。

 

 

仮想通貨は一言で言うと革新的技術である

仮想通貨ですが一言で言うと

革新的な技術であることは

間違いありません。

 

事実、仮想通貨ではさまざまな企業が

仮想通貨を採用する動きが出てきました。

 

またリップルを開発しているリップル社は

100以上の世界銀行と手を結んで、

今急速にネットワークを構築している段階です。

 

 

ただの投資の対象ではなく、

今後は仮想通貨が世界を変えるきっかけになるのですね。