2017年は最大ビットコインが

230万円台に上昇をして仮想通貨がわいた

1年になりました。

 

当初ビットコインが発行されたときは

おおよそ、0.09円というとんでもない格安でしたから。

 

そのコインがいまや100万円を超える代物になっています。

 

 

 

先発組みはありえないぐらい仮想通貨で儲けたのではないかと

思います。

 

しかし、私たち後発組が考えるのは

「もうビットコインは儲けるのには遅いんじゃないか?」ということですね。

 

 

今回ビットコインを今から購入しても

もう遅いのか?ということについて考えて見ます。

 

ビットコインがもう遅いといわれている理由とは?

一部の人はビットコインが「もう遅いんだぜ」という風に言います。

 

では具体的な理由はなんでしょうか?詳しく見ていくようにしましょう。

 

1,価格が上がりすぎている?

確かにビットコインはこれまでの経過を見ても

ありえないぐらいに価格を上げています。

 

ちなみに最初は0.09円ぐらいでしたからね。

 

それが今ではどれぐらいでしょうか?

 

ちなみに2017年では1BITあたり230万円を記録しています。

 

「はあこれってあがりすぎじゃねえか?」

と思いますよね。

 

そして次に出てくる発想って難だと思いますか?

 

「ビットコインはもう終わったあがることは無いだろう」

 

ということですね。

 

 

つまり急激に成長した仮想通貨業界ではビットコインは

 

もう「あがりきったんじゃねえ」という風に考える

 

人が中にはいるということですね。

 

ビットコイン購入は今からではもう遅い?

ビットコイン購入について

結論から言いまして

 

まだまだ遅くないということができます。

 

株式投資であれば

たとえば、企業の業績によって

株価を上げるなどが予測されます。

 

ただ100倍というような急激な成長を見せることは

まずありえませんね。

 

ただ仮想通貨の肝は管理者がいない非中央集権制に

あるといわれています。

 

ようは企業やひとつの団体による

 

影響をモロに受けることはありません。

 

ビットコインがいかに世界に普及をしていくのか?

というように

 

世の中の動きに連動して価格を上下させていく

という風に、

 

世相を受けやすいといわれています。

 

するとまだまだ世界は仮想通過が知られて間もありません。

これから世界に普及していけば、

 

より流動性をまして価値をあげるとも

いわれています。

 

2020年には東京オリンピックもあり、

よりビットコイン決済をしていく

店も増えていくとされています。

 

 

今流行の人工知能を仮想通貨と連動瀬させて、

相場に影響を受けないように支払いを採用するなどの

動きも見せているみたいです。

 

このように世の中の発展=価格の上昇ですから

 

まだまだ伸び代が高いといえますね。

 

 

ビットコインが上昇すると期待している人たち

まだまだビットコインがあがると期待している人は

多いようです。

スナップショットの初期の投資家ジェレミー・リー(Jremy Liew)氏は

 

1bitあたり50万ドルに達すると述べています。

 

しかも2030年ですから、そう遠い未来ではありませんね。

 

50万ドルということは、

おおよそ6000万円ぐらいですから、

今のビットコイン価格としても

 

おおよそ60倍近くの上昇を見込めることになります。

 

これは実際にビットコインが使われることでおきる

 

ビットコインの世の中を見ているのではないかと思います。

 

 

私たちもビットコインを購入することで

壮大な夢を共有するのも非常に

 

楽しいものではないかと思います。