先日ビットフライヤーに上場を

はたした仮想通貨リスクですが、

 

その特徴と将来性はどうなっているのでしょうか?

 

JAVAスクリプトを採用

 

サイドチェーンを有している

などさまざまな機能を持つ

 

仮想通貨Liskの特徴と

将来性をお伝えしていきます。

 

仮想通貨Lisk(リスク)の特徴とは?

1,Javaスクリプトを採用している

リスク(Lisk)で特徴的なのは

Javaスクリプトを採用している

点です。

 

たとえばWeb分野でも

Javaスクリプトの技術を使っているので

 

聞いたことがある人も非常におおいのでは

ないでしょうか?

 

そのためにJavaスクリプトを取り入れている

Lisk仮想通貨は

開発者が参入しやすいといわれています。

 

 

実際仮想通貨はアップデートを行うためにも

開発者の存在は必要ですね。

 

 

開発者が今後も不足するでしょうから。

 

 

そこに参入しやすいリスクは今後も

開発が進んでいくとも予想されていきますので

 

機能のアップデートがそのまま将来性に

結びつく可能性は非常に高いですね。

 

2,サイドチェーンを実装している

リスクの特徴として

サイドチェーンを有しているのも

大きな特徴です。

 

実際仮想通貨はブロックチェーンをゆうしていて

 

一番長いものが「正規のもの」として

 

採用されていくのですが、

 

そのブロックチェーンはどんどんダイジェストデーターが

結びついていくので

スピードが遅くなってしまう

という恐れがあります。

 

 

現にビットコインも取り引きが増加してしまうことにより

トランザクションの問題があり、

 

送金の値つまりの問題が起きてしまいます。

 

そこでサイドチェーンの役割は

非常に大きくなります。

 

ブロックチェーンとは別に枝分かれをして

ブロックを生成し、そこにコードを書き込むために

 

データーが分散して自然と取り引きスピードが保たれる

という特徴を持っているんです。

 

仮想通貨リスク(Lisk)の今後の将来性は?

記憶に新しいのは

 

国内の取引所ビットフライヤーに上場を

果たしたということです。

 

 

2016年当初はおおよそ10円ぐらいの値段だったのですが、

 

2017年は2000円を超える値上げを記録するなど

 

大幅な価格上昇をきたしています。

 

また今後リスクは

 

コア1.0にバージョンアップをすると発表もしています。

 

それにより、大幅にアップデートすると

爆上げする可能性も出てきますね。

 

この1.0は2018年中に実装されるのでは

ないかとも言われています。

 

今後を見るとまだまだこれからで

非常に将来性が高いコインであると

考えることができます。

 

リスクはビットフライヤーで購入可能

仮想通貨リスクはビットフライヤーで購入することが可能です。

 

ビットフライヤーは株主が

 

大手銀行などで構成されていて

 

間違いなくNO1の取引所になっていますので

 

安心して購入することができます。