ビットコインが金と呼ばれているのであれば

 

ライトコインは銀とたとえられることが多いです。

 

 

それは発行枚数にもちなまれていますね。

 

 

では「銀であるライトコインはどんな特徴を

もっているのでしょうか?」

 

特徴や将来性を詳しく見ていくようにしましょう。

 

 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは?その特徴は?

ライトコインはよくビットコインと比較をされます。

 

「ビットコインはこんなものか。ではライトコインとは?」

という風に比べられるということですね笑

 

 

なぜそのように比べられているかというと

ライトコインはビットコインの弱点を

補っているからだといえます。

 

 

1,発行枚数が8400万枚

まずライトコインでは発行枚数が

おおよそ8400万枚と

 

ビットコインとわりかし、似通った印象にありますね。

 

 

実際ビットビットコインは金の埋蔵量に見立てて

発行枚数を制限したといわれています。

 

 

そこでライトコインの発行枚数は

おおよそ8400万枚とビットコインの4倍ですね。

 

発行枚数が多すぎると

当然発行枚数が少なすぎると

 

市場に出回る通貨量も少なくなってしまいます。

 

 

はたまた多すぎると、供給過多で、かちそのものが

危ぶまれることもあります。

 

 

そこで8400万枚はちょうどいい所をついているのではないか

と個人的に考えています。

 

2,マイニングがしやすくなっている

次にライトコインの場合、ビットコインと比べてマイニングがしやすく

なっています。

 

コンセンサスアルゴリズムはどちらもプルーフオブワークを

採用しています。

 

これはどういうことかというと、

 

取り引きをコンピューターの処理能力を使い、

承認していくことで

 

コインをもらう採掘活動のことです。

 

 

しかし、ビットコインのマイニングは

計算難易度が高く、専門的なコンピューターや、

多大な電気代を利用しないと到底利益を出すことができません。

 

 

そのためマイニングプールという集団でしかマイニングをすることしか

現実的ではありませんでした。

 

 

そこで、比較的、敷居の低いGPUからでも

マイニングできるようにしたのが

ライトコインです。

 

 

これであれば個人でも参入できる余地があるために

中央集権化が弱めることができます。

 

 

※ビットコインではマイナーが強い発言権を

持ちます。たとえばそれで、コインが分裂したりなど

あらぬ方向へ動く可能性があるのです。

 

3,取引時間がビットコインよりも早い

次にライトコインは、

取引時間がビットコインよりも早いんです。

 

おおよそビットコインは10分間で、ブロック生成を行うのに

対してライトコインはおおよそ2分30秒で済ませてくれます。

 

 

またSEGWITという実装機能も持ち、ライトコインの処理速度を

あげてくれるのもビットコインよりも優れた点であると

されています。

 

 

ライトコインの将来性は?

ライトコインの将来性はどうでしょうか?

 

現在20000円弱の価格です。

これはビットコインのおおよそ50分の1になります。

 

まずこの価格に関して今後も高騰すると見ています。

 

 

なぜならライトコインはマイニングがしやすく、処理スピードなども速いために

手数料がビットコインよりも

 

格安であるためです。

 

 

ちなみにビットコインの場合だとどんな取り引きであろうと

 

おおよそ1000円ほどの手数料を支払わないといけません。

 

しかしライトコインであれば、

それが5円ですんでしまうことが

最高だと思いませんか?

 

 

またビットコインは、トランザクションの問題もあり、

送金遅れなどの問題もあります。

 

 

segwitを実装した、ライトコインのほうが

よりスピーデイに取り引きする点で

 

現時点で優れているといわれます。

 

 

そうなるとライトコインに流れていくという人も

いるのではないかと思います。

 

 

2018年もライトコインの価格に注目です。