いまや投資の対象として

テレビCMもされていきている

ビットコインの存在。

 

「買えば儲かるかもしれない」

と思う反面。

 

「いったいどういうコインなのか?」というのは

気になるところですね。

 

では今後ビットコインがより普及をしていくとしたら?

 

ビットコインのメリットやデメリットについて詳しく

紹介をしていきます。

 

ビットコインのメリット

1,管理者がいない非中央集権体制

ビットコインメリットとして

まず管理者が不在しないということがあります。

 

ようは不当な価格操作を受けることがないということ。

 

国の法定通貨であれば、

調整を行うことで物価が急上昇したかの

ように感じるインフレーションがあります。

 

 

このような管理者の価格操作を受けずに取引を

行うことができるということですね。

 

 

2,手数料が安くなる可能性(まだ発展途上)

ビットコインの革新的な技術は

ブロックチェーンに代表されます。

 

このブロックチェーンテクノロージーは取引記録を

記載する台帳のようなもので

 

事実、取引に必要な銀行仲介者

が必要ありません。

 

このことにより手数料を大幅にカットできるということです。

 

ただ、取引量が増加すると

ブロック生成に時間がかかるという問題がありますので

 

今後、アップデートを重ねていくことが大事ですね。

 

 

3,今後ビットコインが整備されれば世界中で決済できる

たとえば海外旅行で行っても

 

仮想通貨決済ができる可能性があります。

 

法定通貨であれば現地でお金を返還するということが

必要になりますが、

 

仮想通貨は世界各国で共通で使えるという利点があります。

 

4,投資対象になる

現在ビットコインは1BTC100万円ですが、

今後1000万円まで上昇すると

 

考える人もいます。

 

つまり価値の上昇とともに、

投資によって稼ぐことができるという

メリットがあります。

 

 

ビットコインのデメリット

1,ビットコイン自体のボラリテイが高い段階

ビットコインをはじめとする仮想通貨業界は

まだまだ発展途上なので

 

イベントによる値動きが非常に激しいことです。

 

たとえばJPモルガンの偉い人が

「詐欺だ」と発言して

 

ビットコインが下落した

という過去もあります。

 

些細なことで値動きが激しいのはデメリットと

いえます。

 

使える店がまだまだ少ない

まだまだ使える店が非常に少ないということ

 

日本でもビッグカメラやHISなどさまざまなところで

 

使えるところが増えてきましたが、

 

世界レベルで見るとまだまだという感じですね。

 

そのため、今後、より決済ができる店が増えていくことが

望ましいですね。

 

東京オリンピックも控えているんで

ぜひ仮想通貨業界にはがんばってもらいたいものです。

 

ただ今後もビットコインは問題を乗り越えるために

アップデートが予定されるかも知れませんから。

 

まだまだ技術は発展途上ですね。

 

今後の仮想通貨業界も目が話せない状態です。