2017年ビットコインは劇的な値上がりを見せています。

その中でビットコインの存在を知り、

 

「マイニングは儲かるんじゃないか」と考える人もいるかと

思います。

 

そこでこの記事ではマイニングとは何か?

マイニングで報酬をもらえる仕組みなどを

 

詳しく説明していきます。

 

ビットコインのマイニング(採掘)とはいったい何か?

ビットコインのマイニングとはいったいなんでしょうか?

 

これ採掘者(マイナー)に報酬としてビットコインを払う

ということになります。

 

これだけでは少しわかりにくいかもしれません。

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨はブロックチェーンという

2重決済を防止するための大きな取引台帳の

 

ようなものがあります。

 

ただこの取引は正しいのか?ということを判断し、

承認してチェーンにつなげいいかないといけません。

 

そこで承認をしてくれる人がマイナーということになります。

承認をしてあげることで、

 

お礼としてビットコインをもらえることになります。

 

アルゴリズムはPOW

ちなみにもらえる報酬額は

 

以下に取引を承認したのか?

 

という仕事をする人に対してより多くの報酬を払うという

仕組みになっています。

 

 

このアルゴリズムをPOW(プルーフオブワーク)といいます。

 

つまり、いかに仕事をしたかが重要であるということです。

 

ちなみに仕事量を維持する能力は

 

パソコンの処理能力と電気代

ということになりますので

 

企業がどんどんマイニング事業に参入しているのは

このためです。

 

企業などの大きな団体ほど、

コンピューターを整備し、より強大な

電気代を支払うことができますから。

 

「マイニングって結局金持ちしかできないんじゃないか」

ということが問題になっています。

 

実際に個人でもマイニングを行うことは不可能ではないが・・・

実際に個人でもマイニングを行うことは不可能ではありません。

 

パソコンを持っていれば、個人でも参加することはできます。

 

「MINNER GATE」に参加すれば

後はパソコンの電源を入れれば

 

マイニングを開始することができます。

 

ただですね。

 

個人では非常に報酬をもらえるのがむずかしいと

いわれています。

 

すると、

120円(30日でマイニングできる額)-107円(PCの電気代)=13円

 

ひと月で13円儲けることができました!!!

 

・・・う~ん、ひと月でたった13円です。

 

ぶっちゃけ非常に儲からないです。

個人でできるマイニング報酬が非常に

 

少ないうえに、

しかも電気代がかかりますので

 

24時間回しっぱなしでも

すずめのなみだほどしか

 

もらえないということになります泣

 

個人間のマイニングはむずかしいですが、

今後その問題を改良するアルトコインも出てくるので

今後に期待ですね。