今回は仮想通貨ネム(NEM)の特徴と仕組みについて

詳しくお話をしていきます。

 

ネム(NEM)は最近コインチェックでおおよそ500億円

相当の盗難があったことで一躍有名になりました。

 

だから初めてネム(NEM)を知る人にとって

 

「怪しすぎる」っていうのが正直のところでは
ないかと思います。

 

今回はそんな人にネム(NEM)の特徴を知ってもらい

 

怪しさを克服してもらうのが目的です笑

 

ネム(NEM)はどうして生まれたのか

まずはネムのざっくりとした情報を。

名称:NEMネム
発行枚数:8,999,999,999XEM
通貨単位:XEM
開発者:Utopianfuture
アルゴリズム:(PoI)Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)

ということですね。

 

ビットコインと比較すると、

ぶっちゃけ90億枚ととんでもない、

量を誇ると考えられますね。

 

そんなこんなですが、

 

ネム(NEM)はどうして生まれたのか?

 

理由を知ることで特徴がよくわかるようになります。

 

New Economy Movementという理念を持っており、

 

新しい経済圏という意味で作られました。

 

またマイニングに代表されるように、

POWというシステムをとっているマイニングは

 

性能と豊富な電力と比例してマイニングできてしまいます。

 

そのためだれもが平等にできないのが現状です。

 

しかしネム(NEM)はPOIという誰でも平等にネムをもらえる

というシステムを持つので。

 

平等性が高いといえますね。

 

では具体的な特徴を見ていきましょう。

 

ネム(NEM)の特徴とは?

1,発行枚数がすでに決まっている

8,999,999,999XEMという発行枚数が

すでに決まっているのが特徴です。

 

たとえばビットコインは、マイニングという承認作業を行うことで

 

ビットコインを新しく発行していくという

 

システムを持ちます。

 

しかしネムはあらかじめ1600人の投資家に

 

分けられているんです。

 

すなわち承認作業を行うことで、起こる手数料が

報酬として支払われる仕組みになっています。

 

なんだか難しいですね。

 

2,ネム(NEM)のアルゴリズムはPOIというシステム

これがネム(NEM)のビットコインとは違う

 

最大的な特徴といえます。

 

ビットコインはPOWというシステムでコインを採掘

していくというシステムをとっています。

 

 

ようは、電力とコンピューター勝負になるので

 

企業やお金持ちがマイニングを行うことができる

 

というのが現状です。

 

そのため平等性は保たれませんね・

 

そこでPOIの登場です。

 

このPOIはI=imortance(重要)という特性を持ちます。

 

この重要というのは

いかにネム(NEM)のネットワークに参加するのか?

ということなんです。

 

実際に重要度が上がると

 

ネムをもらえるハーべステイングという

試みで実際にもらえる

 

ネム(NEM)の収穫量が増えるということになります。

 

 

もう一度いいますが

 

いかにネム(NEM)ネットワークに参加して

スコアをあげるかでもらえる報酬が

 

変わってくるか?ということですね。

 

3,APIというアプリケーション開発の分野がある

ネムはAPIというシステムを有しています。

 

これはネムのブロックチェーンを用いて、

自由にアプリケーションを開発することができる

ということですね。

 

実際に、ネムをツイッターで投げ銭の

ように使えるアプリも有名になりました。

 

 

実際に仮想通貨取引所のzaifはネムのブロックチェーンをもとに

 

mijinとよばれるプライベートブロックチェーンというものを

 

開発しました。

 

 

このmijinは個人情報を完全に守り、

保険会社などで応用されていくことに

なるでしょう。

 

 

このように、

ネムの技術をもとに

開発していくことができるのがAPIというシステムです。

 

 

4,2018年にカタパルトというアップデートを控えている

2018年のうちに、

ネムはカタパルトという

アップデートを控えていると

いいます。

 

 

このアップデートを行うことで大幅に取引処理能力が

あがるといわれています。

 

実際に処理できる取引量は

 

1秒当たり4000という数に上るといいます。

 

ビットコインであればおおよそ

1秒当たり5から7なんで

 

いかにカタパルト実装で機能が上がるかが

わかるかと思います。

 

ビットコインの特徴を上回る

ネム(NEM)に今後も期待です。

 

 

ネム(NEM)はどこが一番安く買える?

ネムどこが一番安く購入することができるでしょうか?

 

以前コインチェックで購入することもできましたが、

 

今は国内ではzaifがお勧めです。

 

実際にzaifは取引所ですので、

手数料が格安で購入することができます。

 

積み立て投資もできるので

ネムはzaifで購入するようにしましょう。