今回はネムとリップルのどちらに投資をすればいいのか?

という人のために記事を書きました。

 

いきなりですが、どちらにも投資をしても

今後期待性は半端ないんじゃないかって

 

個人的には思っています。

 

ではその理由を詳細に説明をしていきます。

 

 

ネムとリップルがどちらも上がるのではないかという理由

1,どちらも世界を担うプラットフォームになりうる

まずですね、リップルとネムはそもそもまったく

性質が違うんですよね。

 

リップルは世界送金を目的にしている

 

ネムはビットコインよりも低コストでセキュリティの高い通貨

 

 

とそれぞれ目的が違うんですよね。

 

これが両方お勧めする理由になります。

 

そもそも同じ機能であればどちらか優位なほうを

推薦しますからね。

昨日がそれぞれ違うので、

 

リップルとネムはそれぞれ違う領域でプラットフォームになりえます。

 

たとえばリップルはネットワークを構築し法定通貨をうまく統治することが

できますから。

 

それがうまくいくと世界中でブリッジ通貨として

リップルが当たり前のように使われていくことは

マリがいないでしょう。

 

 

ネムはイーリアムに対応するスマートコントラクト

を持っていてトークンを発行することも可能です。

 

 

またICOとしても使われる可能性があります。

実際コムサトークンはICOのプラットフォームで

 

ネムを利用してICOを実施しています。

 

そう。それぞれ別の領域で

活躍の場が広がっているんですね。

 

 

2,日本円で購入することができて比較的手ごろである

ちなみにリップルとネムって日本で購入することが

できる仮想通貨なんですよね。

 

 

しかも、100円~と、安く買えるというのは

非常に魅力的なんですよね。

 

もちろんビットコインは現在100万円程度でも、

 

おおよそ、1000円当たりから購入することができます。

 

 

でも一般市民の私からしたら、100円台で購入できる

仮想通貨を自然と選んでしまいます。

 

3,ファンが多い

次にですね。

 

ネムとリップルというのは非常にコミュニティがしっかりしているんですよね。

 

たとえば、ネムは実際にNEM財団を招いてのイベントを

開催したりしています。

 

ネムバーという仮想通貨バーなど、仮想通貨ネムで決済できる

飲食店なども普及しています。

 

リップルに関しては日本でリップラーと呼ばれる

人がリップルに非常に熱狂的なんですよね。

 

 

そんな2つの集団が実は競っているといううわさもあります。

 

ようは一方のコインが上がれば、「負けないぞ」

とまたコインを買い足す。

 

このように相乗効果があるかもしれないということ。

 

もちろんあくまでもうわさの範囲です笑

 

 

どちらのコインが早く上がるのか?私の意見

私はどちらも投資をするべきであると

考えていますが、

 

どちらが早く上がるのか?という質問に答えるとしたら

仮想通貨ネムだと思います。

 

 

まずネムは時価総額がまだまだ低いからです。

 

 

リップルはすでに時価総額3位でビットコインに

迫っていく勢い。

 

 

時価総額が小さいほうがそれだけ伸びしろはあるんじゃないか

と思います。

 

 

もちろん、仮想通貨全体の成長もこれからまだまだあるはずです。

 

次に2018年は

 

ネムに関してプライベートブロックチェーンのmijinが

実装されるカタパルトという

 

大掛かりなアップデートが行われる可能性が高いです。

 

それが完了すれば

 

4000取り引きとVISAカードに並ぶ

機能性は非常に高いものになります。

 

 

リップルももちろんネットワークを構築し、

ブリッジ通貨として機能すれば

 

それ以上のポテンシャルを含んでいることは間違いありませんが、

 

現時点ではネムのほうが価格高騰に

近い位置にいるのではないか?と考えています。

 

あくまでも私のよそうです笑