中国発の仮想通過である

ネオ(NEO)のついて紹介をしていきます。

 

ちなみにネオ(NEO)は現在急速に伸びている仮想通貨で

時価総額の中でも高い位置にいます。

 

 

確かに急速に伸びているといえますね。

 

では実際にNEOの将来性や、特徴に

ついて詳しく見ていくようにしましょう。

 

 

仮想通貨ネオ(NEO)の特徴とは?

まずネオですが、中国発の仮想通過です。

 

契約を自動化するスマートコントラクトというシステムを

持っています。

 

イーサリアムと同様の特性を持っています。

 

このためか

ネオは時折り

 

東洋のイーサリアムや

 

イーサリアム殺しなどと

 

たとえられることもあります。

 

 

ネオのネットワークを広げるために、

NEO GASというトークンが実際に発行されています。

 

 

1,処理速度が速い

ネオは取り引きのスピードーが非常に早いです。

 

ちなみにビットコインであれば、

1秒間あたり7件の取り引きが可能であるといわれていますが

 

ネオの場合は1秒間あたり1000の取り引きスピードを

誇ることになります。

 

ちなみにクレジット決済で最速なのは

VISAカードで

 

1秒間あたり4000ほどの取り引きを行う

ことができます。

 

 

またネオはシステムが整えば

10倍の取り引きスピードを出すことが可能だとも言われています。

 

つまり1秒間あたり10000という超的な

スピードを誇ります。

 

イーサリアムは1秒間当たり15ほどですから

いかに取り引きスピードが速いのかということが

よくわかりますね。

 

 

2,プログラミング言語が豊富である

イーサリアムの開発に参加する場合は

特殊な言語を学び開発に参加しないといけません。

 

つまり開発者にとって敷居が高くなるという問題があります。

 

しかしNEOに関しては数多くのプログラミング言語を

採用しています。

 

Microsoft.netやJava、Kotln、Go、Pythonなど、

聞いたことがあるという人もいるでしょう。

 

 

特にJAVAはWEBでも活発に使用されており、

習得している人も多いのが実情です。

 

 

すなわちプログラミング言語が豊富であればあるほど

開発に参入しやすいということです。

 

 

開発が進めばより仮想通貨が進化し、

世界への普及や価値の上昇を大きく見込める

ことができます。

 

 

DBFTというコンセンサスアルゴリズムを使用している

ネオはアルゴリズムにDBFTというシステムを採用しています。

 

ビットコインの取り引き承認は

Proof of workというシステムを

取り入れています。

 

コンピューターの計算能力を使用し

マイニングを行い取り引き承認を行うというものでした。

 

またコンピューター上でノードというシステムを

用いてお互いがお互いを監視しあうという

方法をとっていますが、

 

 

このノード同士が、

不具合を起こしてしまうという

ビザンテイン問題というものがあります。

 

 

そこでNEOの場合はネオ保有者から

ブックキーパーと呼ばれる人を決めて

システムの不具合を防ぐという

 

役割を持っています。

 

 

その対価としてNEO GASというトークンを

報酬として受け取るという仕組みを持っています。

 

 

NEOの将来性は?

ネオの将来性は非常に高いといえます。

 

特に2018年に入り、急激に価値を上昇させて、

時価総額上位に食い込んでいます。

 

 

AIでの予測システムである

webbotも

 

NEOは2018年月に上昇をすると

されていて、

 

まさに的中しています。

 

 

誰にも開発がしやすく、

かち取り引きスピードが速い

 

東洋のイーサリアムは

 

いずれイーサリアムを抜く可能性もなきにしもあらずです。

 

またNEOをプラットフォームにしたICOも

今後続々と登場してくるともされています。

 

 

NEO建てでのICOとなるので、

機軸通貨となり、より流動性が高まる可能性もあります。

 

 

 

2018年はNEOに大注目しています。