仮想通貨ってビットこいんだけでしょう?

 

確かにテレビのCMを見ているとそのように

錯覚をしてしまいます。

 

実際にビットフライヤーや

DMMビットコインなんかは、

 

完全にビットを名乗っていますからね。

 

「ん?仮想通貨はビットコインだけなのか?」

と考えてしまいます。

 

しかし超初心者向けですが、

仮想通貨はビットコイン以外にもあるんです。

 

その種類と可能性について紹介をしていきます。

 

 

ビットコイン以外のアルトコイン

ちなみに種明かしをしてしまうと、

ビットコイン以外の仮想通貨を

 

アルトコインといいます。

 

たとえば、いくつか紹介をしておきますと

イーサリアムコインは非常に有名です。

 

実に時価総額2位を誇るので、

いづれイーサリアムを抜くのではないか?

 

ともいわれているんです。

 

 

イーサリアムの機能はスマートコントラクトという

システムです。

 

ビットコインであれば

取り引き内容のみを記録することができますが

 

イーサリアムの場合は契約そのものを

ブロックチェーン上に記録することができて

 

今後保険などに活躍の場が広がっている

といわれています。

 

次にライトコインも時価総額の高い仮想通貨です。

 

ビットコインが金と呼ばれるのであれば

ライトコインは銀と比ゆされています。

 

ビットコインよりもブロック生成が早く

おおよそ4倍。

 

発行数が多く銀にたとえられています。

 

このようにビットコイン以外には

さまざまなアルトコインとよばれる

 

数千種類のコインが後ろに控えているんです。

 

アルトコインの可能性は?

で?アルトコインはビットコインに劣るんでしょう?

 

と聞きたくなると思いますが、

 

機能性はビットコインをはるかに凌駕するものが

大半です。

 

契約を自動保存したり、

 

円とドルを即座に交換をしたり、

など、さまざまな機能を持っているものが

 

アルトコインにはすごく多いんです。

 

 

しかし時価総額はまだまだビットコインにはぜんぜん及んでいません。

 

弟2位のイーサリアムもビットコインと

大きく差をつけられている状態です。

 

 

ビットコインより機能性が高くて

時価総額がまだまだ及ばない。

 

これはどういうことかというと、

非常に今後値上げをする可能性が高いということです。

 

 

事実、存在すら知られていないような

草コインと呼ばれるコインもあります。

 

実際に年間を通じて数百倍にも

上昇しているものもあります。

 

ビットコインも今後価値をあげて行くのでは

ないかと思いますが、

 

今後アルトコインにも大きく期待がかかるでしょう。

 

特に2018年では実用かも増えて

アルトコインの値上がりが期待できそうです。