仮想通貨でまた出た億り人が!

 

とSNSやニュースでも話題になっています。

 

特に仮想通貨の無料オファーなんかでは

札束をみせびらかして

億り人になりましょう。

 

と高額ツールを交わせたりするので

その点は気をつけましょうね。

 

では今回仮想通貨の億り人というものはいったいどういうことか?

 

ということを解説します。

 

仮想通貨の億り人とはいったい何か?

仮想通貨投資において、

億り人とは何か?ということですが

 

実際に仮想通貨でお金を稼いで億万長者になった人を

定義しています。

 

「億万長者ってそんなに人がいるのか?」

といいますが、事実仮想通貨で儲けた億万長者は

結構いるみたいですよ笑

 

で?どれぐらいの億り人がいるのか?

ということですが、

 

おおよそ500人が億万長者になったそうな。

その中には5億円以上を稼いだ

 

5億り人というのもいるみたいで非常に

驚きです。

 

億り人は税金もものすごい!

実際億り人は税金もものすごいですよ!

 

実際に仮想通貨の収益は

雑所得に分類がされるので、

おあおらく1億円であれば

 

半分は確実に税金としてもっていかれることは

間違いありません。

 

今この税金の高さがどうやら問題になっているみたいです。

 

 

特に仮想通貨⇒日本円

として、仮想通貨で買い物を行い

などで税金が発生しますから。

 

 

億り人の大半は、換金を行わずにそのままm

仮想通貨として保管している人が非常に

多いのではないでしょうか?

 

ビットコイン長者よりもアルトコイン長者の出現

ちなみにビットコインよりもアルトコイン長者

が非常に多いのが特徴です。

 

チャートを見てもらえばわかりますが、

 

イーサリアム通貨は最高値で考えると

びっくりするぐらいに爆上げを行っています。

 

初期からもっておけば

1万円の投資でも

数百万円の利益kが得られますから。

 

2017年に大きく上昇したアルトコインで

 

億り人を実現した人が

たくさんいたというのもうなずくことができますね。

 

 

億り人になった人の共通点

たとえば、与澤翼などは

リップルに1億円投資を行い、

12億の利確をしたといいます。

 

今現在ドバイ在住でドバイでも

高級不動産の支払いを導入していくために

仮想通貨投資をしたのではないかと思います。

 

 

億り人の共通点として

若い世代が非常に多く、

仮想通貨について恐れずにチャレンジを行い

 

正しい知識を取り入れた人が非常に多いです。

 

 

今現在仮想通貨について

「怪しい」と考えている人が非常に多いです。

 

しかしそんな中で恐れずにチャレンジを行い、

向き合った人は億万長者を手に入れている人が

中にはいるのです。

 

ただ、闇雲につっこむとただのギャンブルになりますので

 

今後も正しい知識を学んだ上で仮想通貨に

投資を行っていこうかと思います。

 

また億り人という単語を乱用するような

無料オファーにも注意をしまししょう。

 

こうした業者はやたらと大金を見せびらかしては

高額な塾やツールがバックエンドに控えていることが

非常に多いですから。