日本ではモナーコインが作られました。

 

実際にはモナコインのキャラクターは2チャンネル

のキャラクターで、コミュニティも非常に

厚いです。

 

 

そんな中アメリカの4chで人気のキャラクターぺぺキャッシュ

というものがあります。

 

 

今回はぺぺキャッシュの特徴と

今後の方向性について

書いていきます。

 

ぺぺキャッシュの特徴とは?

ぺぺキャッシュとはいったい何か?

ということですが、

 

ぺぺのトレーディングカードのやり取りを行うために

発行されたトークンというものです。

 

※実際に仮想通貨とは少し特徴が異なり、

トークンは記念品のようなものです。

発行枚数も決まっていて、希少なども

つくことがあります。

実際にはどのようにトレーディングカードでやり取りが行われるのか?

実際にはぺぺキャッシュは電子トレーディングカードで

 

交換をするために用いられます。

 

rearpepeというコミュニティ内でやり取りが行われ。

実際に買ったカードを保有したり、

中を除き見ることができます。

 

またこれらのカードで特徴的なところは、

 

希少性がつくことです。

 

中にはレアカードであれば、

100万円を超えることもあるので

 

非常に驚きですね。

 

「俺だったらそんなの買わないわ」と口から

でそうになりましたが、

 

コレクターからすれば非常によだれが出るような

内容なっているんじゃないかと思います。

 

 

実際遊戯王というトレーディングカードもプレミアがついた

ことで有名になりました。

 

 

このようにトークンでやりとりできる

カードゲームはマニアにはたまらないと思いますね。

 

 

日本とも関係性が深いぺぺキャッシュ

次にぺぺキャッシュは実は日本とも

非常につながりが深いということを

知っていますか?

 

 

なぜならば、ぺぺキャッシュは日本のもなーコインを

モデルにして作られたからなんです。

 

 

実際にアメリカの4chでキャラクターとして

登場しているぺぺはアメリカでは

人気が非常に高いということ。

 

 

 

 

僕からしたらへんなカエルじゃねえか?

と思ってしまいますけどね。

 

 

つまり、人気が高いということは

それなりに、コミュニティも充実をしている

ということです。

 

 

実際にもなーコインはコミュニティにも助けられて

爆上げをしていますから。

 

 

ぺぺにも十分チャンスがあります。

 

 

ぺぺキャッシュの今後の価格はどうなる?

ではぺぺキャッシュの価格を見ていきましょう。

チャートを見るとよくわかりますが、

 

ぺぺは最初は非常に価値の低いものだったんですよね。

 

2017年当初も0.2円ぐらいだったんですよ・。

でも12月には

おおよそ最高15円にまで伸びています。

 

 

「なんだたったの15円か?」

といわないでくださいね笑

 

実際に、倍率でしてみれば、

50倍以上に伸びている通貨なんですから。

 

 

 

実際に億り人も登場したのではないか

と思います。

 

 

 

今後なんですが、このぺぺはモナとの関係性が

非常に高いといわれています。

 

 

 

実際に、モナーも高騰しているつきにぺぺも高騰していることが

多いんですよね。

 

 

関連性が高いということと、モナーを買い損ねた人が

投機マネーとして

 

投資することも多いようです。

 

 

今後モナーとの関連性を見つつ、

ぺぺキャッシュが値上げすれば

非常にうれしいですね。

 

 

ちなみにぺぺはホワイトリスト化されている

仮想通貨で

実際にはzaifと国内でも

購入することができるコインなんです。