仮想通貨は2017年はお祭りのように高騰を
行いました。

実際に2018年を最初に仮想通貨を知った人も

いるのではないかと思います。

ただ最近知った人は

「なんだか仮想通貨って怪しいんじゃないか」

と考えている人もいると思うんです。

 

 

特に先日コインチェックで仮想通貨NEMが抜かれてしまい

 

より警戒心が強まった人もいるかと思います。

 

もちろん仮想通貨にも危険性と

リスクというものは存在します。

 

ただ正しい知識を持って対処していけば間違いなく

解決していける問題であると考えます。

 

今回仮想通貨のリスクと危険性についてお話をしておこうかと思います。

 

仮想通貨のリスクと危険性について

1,市場が発展途上のために些細なことで値動きが起きやすい

仮想通貨の世界では値動きが非常にしやすいと言えます。

 

円やドルの法定通貨の世界では

まず、1日の中で10パーセント値上がりするなんて
ことはありません。

 

これはある程度安定した市場であると言えるために、

値動きそのものが安定をしているということです。

 

対照的に仮想通貨は値動きが激しいと言えます。

これを専門的に言うと

ボラリティが高いとも言い換えることができます。

例えばですが、

JPモルガンの偉い人が

「仮想通貨は詐欺だ」と発言したことで

市場が下落するということがありました。

 

 

また2018年の中国や韓国の仮想通貨規制の話題を受けて

大下落を起こしてしまうということもありました。

 

コインチェックやマウントゴックス事件でも

影響を受けて下落しました。

 

 

このようにまだまだ発展途上でボラリティが高いと
言えるために些細なことで

値段の上下が非常に激しいんです。

 

 

少しあがっているな?とおもって仮想通貨を

買ってみたら気づいたら半分に

なっていたというのは

よくある話なんですね。

 

あまりにも値動きが激しいから

ストレスで四六時中チャートを

 

眺める人もいるということです。

 

ただリスクである反面、チャンスが大きいとも
考えることができます。

 

例えば、値下がりをぐっとしているときに

買い増しを行えば、

上昇するとのその差額が利益になります。

 

 

ビットコインFXのようにレバレッジをかけて

取引を行うということはリスクがでかいかも
しれません。

 

 

得られる利益と同様に失う利益そのものも
比例するからです。

そんなこんなで資産を溶かしてしまう人

中にはいるんです。

 

 

2,オンライン上からハッキングされてしまう可能性

 

これは前述しましたが

NEMが盗まれたケースにも言えます。

 

つまり、オンライン上で資産を残していると

サーバーが攻撃を受ける可能性もあります。

 

 

コインチェックはわずか10分間のうちに

 

580億円が盗まれてしまったのですから

 

いかにセキュリティが大事かがよくわかります。

 

 

特にオンライン上での保存は攻撃のリスクはつきものです。

 

3,詐欺に会う可能性もある

現在仮想通貨の広がりによって

 

否定して出てくるのが

 

仮想通貨を用いた詐欺です。

 

預けるだけでお金が増えて生きますよ。

 

紹介をすればどんどん受け取れる配当が増えますよ

 

まずは無料でセミナーを聞きにきませんか。

 

 

楽して儲かる。

 

最初は安いセミナーからなどの発言は

非常に気をつけたほうがよいです。

 

またビットコインを狙って事件が引きおこされたこともあります。

 

常に用心し注意した方がよいでしょう。

 

 

自分の資産を守るためにできること

ある程度仮想通貨投資に慣れてきたら、

 

自分の資産を守るこということを

 

考慮していかねばいけません。

 

 

せっかく稼いだ資産を

ハッキングなどで溶かしてしまえば

悔やんでも悔やみきれません。

 

そのために、おすすめなのが、

ある程度ポートフォリオを分散させることです。

 

 

仮想通貨、現金、金の現物など

様々な資産を分配することで結果的に

リスクや危険性を回避することができるのです。

 

 

また仮想通貨は断然ハードウォレットで保存することが

おすすめです。

 

 

インターネットと切り離した

オフラインで保存することができるために

 

ハッキングなどの攻撃を受けることは

まずありえませんから。

 

 

自分の大事な資産を守るためにも

ハードウォレットを検討してみましょう