リップルコインは管理者が存在する

仮想通貨です。

 

ようはリップル社が発行した仮想通貨が

リップルであるということ。

 

すなわち自社株のような仮想通貨は

リップル社は550億枚も保有をしています。

 

発行上限枚数が1000億枚なので

ほぼ半分のリップルを会社が有している

ということになります。

 

これまでは

「リップルが売りに出してしまうことで

今後価格操作が行われるのではないか?」

 

 

身ーんなが心配していたんです。

そこで今回2017年にリップルが保持している

 

550億XRPをロックアップしたということ。

 

そこで投資家をはじめとする人は

非常に安心をしたことでしょう。

 

ではそのロックアップしたというのはどういうことでしょうか?

 

ロックアップは氷漬けにするということ

ロックアップとは何か?

 

簡単に言うと

 

保持しているリップルを凍りつけにしますよ

ということです。

 

 

うーん。まだよく意味がわかりませんね。

 

 

ようはリップル社今もっているリップルを売りませんよ

と宣言をしたということです。

 

もし一気に売ってしまえば、

リップルは大量に出回り、

価格は大幅に落ち込んでしまいます。

 

 

そこでロックアップで売らないと宣言し、市場に10億XRPずつ

放出をしていくことが決まったんです。

 

 

ちなみに10億枚は市場ではなく世界投資家に放出されます。

 

この約束を受けて、

ロックアップされたことによってみんなが安心したんです。

 

 

急に売られて価格を下げるということはなくなりましたから。

 

ロックアップというのは破られないの?

リップル社は、保持しているリップルを

凍りつけにすることを発表しましたが、

 

「約束は破られるんじゃないか?」と考える人も

いるかと思います。

 

しかし、その心配は無用です。

 

どうやらリップル社はロックアップの仕組みをアルゴリズムに

組み込んでいるということ。

 

つまり、後からやめましたといっても

やめることはできない流れにくみこまれているようです笑

 

 

そのため、550臆は保持。そして10億枚ずつ月に放出していく。

あまったものはその月に売却を行う。

 

という規則に従うのでリップルが市場に出回る

量が計算しやすくなりますね。

 

 

ロックアップを受けてリップルの価格が上昇

12月の報告を受けて

リップルコインの価格が大幅に

 

上昇を行いました。

 

 

これまで20円台でうろうろとしていましたが

結果として、

 

おおよそ60円台に上昇を行いました。

 

その結果仮想通貨ブームがきて上がりに上がり、

最大400円台という大台にのったこともありますね。

 

今は少し落ち気味ですが・・・

 

 

このようにロックアップが行われることで

投資する人は

 

安心を覚えましたね。

 

つまり投資する意欲が保たれたといってよいでしょう。

 

そして今後海外送金なども行われ、

リップルネットワークが本格的に始動して

しまえば・・・・

 

 

 

2018年はリップルがありえないぐらい

上昇するのではないか?

 

と予測をしています!