仮想通貨業界は、2018年今は少し落ち気味ですが

今は助走期間でないかと

個人的に考えています。

 

 

今後時間がすすむにつれて

いづれお祭り騒ぎになるのでは

 

ないかと個人的に考えています。

 

 

しかし、仮想通貨市場は、

 

毎日のように参入者が増えている

一方でより、仮想通貨を利用した

詐欺も横行するケースがあります。

 

 

事実被害者のトラブル件数は

 

増加傾向になるということです。

 

 

正直、仮想通貨の特徴などをある程度知っておくと

だまされることも少ないですが、

 

 

あまり知識のない初心者はだまされてしまう
ケースも多いようです。

 

 

今回は仮想通貨詐欺を見分けるための特徴について
お話をしておきます。

 

 

 

仮想通貨詐欺を見分けるためのポイント

仮想通貨投資そのものは怪しいものではありません。

 

 

今後価値を上げより熱い市場になると
予測をしています。

 

 

大事なのは、

仮想通貨を利用したツールや紹介制度などの実情です。

 

 

またICOを利用した詐欺にも注意をしないといけません。

 

 

では詳しく特徴を説明していきます。

 

 

1,セミナー形式をとっている

定額のセミナーにて仮想通貨について

 

延々とセミナーを行い、

 

可能性を述べていく。

 

 

中には国家プロジェクトというように

古代的なキャッチーで誘導する人もいます。

 

 

そんなセミナーからの

高額塾への案件

高額ツールの申し込み

紹介制度への紹介

 

(1口10万円以上と仮想通貨ではありえないような

価格を提示し、その後さらに中も募るような制度が

あるのはほぼ詐欺に近いと思ってください。)

 

一種のねずみ講のような手法も

あることはあります。

 

2,管理者が存在する

仮想通貨に関しては

 

管理者が存在しないということが

 

通貨の本質になっています。

 

 

ブロックチェーン技術により、

中間の管理者がいない。

 

 

非中央集権制というところが

革新的なんです。

 

 

その中で管理者が存在する時点で

非常に怪しいと疑わざるおえません。

 

 

管理者が存在すると

供給量をコントロールして価格操作をすることが
可能です。

 

そうなると落差を出して設ける企業があることも
覚えておいてください。

 

 

3,仮想通貨で設けたと動画で大金を見せびらかす

これって情報商材にも本当に多いんですよ。

 

 

ようは「仮想通貨で設けました」

 

と札束をつんだ動画を延々と見せびらかして

「5億円稼ぎました」問いいうやつです笑

 

たいていのこの動画を見ていれば
わかるのですが

具体的にどのようにして

どれぐらいの投資期間で

どのような取引手法を用いて

 

という具体的なことが一切

かかれてないことが多いんですよね。

 

 

その代わりに、大それたよくわからないツールを

売りつけては資金を集めようという笑

 

 

4,ホワイトペーパーの記載がない

仮想通貨におけるICOなどにもありますが、

ホワイトペーパーの記載がない場合は

もはや論外といえるでしょう。

 

ようは説明書や保証書がない
パソコンのようなものです。

 

ビットコインにも存在しますが、

ホワイトペーパにはブロックチェーンや、

開発者の理念などがのっていて。

 

 

未来に役立つのか?と

投資判断を行ううえでもよい材料になりえます。

 

 

そのホワイトペーパーがない時点で論外なのです。

 

 

そのためホワイトペーパーがないものは

無視してよいでしょう。

 

 

ポイントは自分の頭で理解ができるかどうか

詐欺にだまされないコツとして

よくわからない通貨は購入しないようにしましょう。

 

 

なぜなら、

「なんとなくいいなと思って買った通貨ほど
詐欺の可能性が非常に高いからです」

逆を言えばさぎにかからない方法として

 

自分の頭で考えて根拠を持って投資を
行うということです。

 

 

このブログで正しい知識を
ぜひ身に着けてくださいね!