今回は仮想通貨詐欺コインの見分け方を

教えていきます。

 

仮想通貨はいまや数千種類以上の

種類があるといわれていて

 

すでに90パーセントは詐欺であるとも

いわれています。

 

 

「そんなにいっぱいあるの?

そんなのどうやってみわければいいのか?」

 

と悩みたくなりますよね。

 

そこで今回は仮想通貨詐欺コインの見分け方をお伝えしていきます。

 

仮想通貨詐欺コインの特徴

1,紹介制度を優遇している

●●人紹介をすれば

いくらか上乗せをしますよ。

 

いずれは権利収入で

不労所得が手に入りますよ

というようにまるでMLMを想定させるような

 

仮想通貨ビジネスは詐欺だと思ってください。

 

2,管理者や代理店が存在する

管理者はリップルに限っては

話は変わりますが

 

取引所ではなく代理店を通じてしか

買えないような通貨は詐欺の可能性が高いです。

 

3,やたらと一口からが高すぎる

次にやたらと価格設定が

高いのも注意が必要です。

 

実際仮想通貨のよいのは小額からでも

投資をできるところなんですが、

 

10万円からというように

やたらと価格設定が高いということが

特徴としてあります。

 

4,国家プロジェクトや有名人など誇大的な表現が多い

国家プロジェクトや

有名人が推奨しているなど

やたらと誇大な

表現が多いのも特徴です。

 

実際あるコインでは国家プロジェクトといっていたにも

かかわらずそれがうそであったとばれた

コインも存在します。

 

5,絶対にあがると表明している

「今のうちに預けておくと絶対にあがりますよ」

というように

絶対にあがると表明している

コインがあれば詐欺の可能性が非常に

高いです。

 

そもそも仮想通貨に絶対あがるというような

表現はないことを

 

知っておきましょう。

 

実際には市場や周りが反応をすることで

価格というものは左右されていくもの

だからです。

 

そんな中で絶対にあがります。

いくらまで保障をしますと

 

預金通帳や大金を

見せびらかすのはたいてい詐欺の

可能性が高いです。

 

 

仮想通貨詐欺から身を守る方法

上記のひとつにでも当てはまれば

 

とにかく詐欺の可能性が高いといえるので

 

注意をしましょう。

 

そもそも仮想通貨詐欺から身を守る方法は存在するのでしょうか?

 

もちろんあります。

 

それは仮想通貨に関する正しい知識を身につけることが

大事なんです。

 

たとえば、仮想通貨は管理者を通さない

非中央集権システムということがわかっていれば

 

代理店を通して出しか購入できない

通貨は「明らかに怪しいな」と勘付くと

思います。

 

しかし、何も知らないと

「まるで儲かったかのように」

錯覚をしてしまうんですよね。

 

それが甘いわなであるとは気づかずに

往生してしまう可能性もありますから。

 

そのために仮想通貨に関する基礎知識は

最低限身に着けておかないといけません。