いまや大分認知がされてきたビットコインです。

 

ブログを見るときに運営者情報を見たくなるように

ビットコインも誰が開発をしたのか?

 

という部分を知っておきたいところですね・

 

今回はビットコインを作った本人サトシナカモトに焦点を

当てていきたいと思います。

 

ビットコインを作成したサトシナカモトっていったい誰?

ビットコインの価値たらしめる

 

ブロックチェーン、そしてユーザー間でつがなることができる

P2Pシステムという論文を発表したのが

 

サトシナカモトといわれていますが、

 

実は名前以外は詳細はなぞに包まれています。

 

 

京大の有名な数学教授といわれていますし、

 

実際には日本人ではないじゃないか?

 

ともいわれているんです。

 

そう。おそらくペンネームと考えたほうがよいかもしれません。

 

ちなみにビットコインを取引できる

最小単位は1サトシといいますが、

 

これは実際にナカモト氏の名前をとったものとされています。

 

 

ビットコインの1線からしりぞいた?

サトシナカモトは論文を発表し、

 

有志のエンジニアたちがその論文をもとに

 

ビットコインを開発したといわれています。

 

エンジニアとナカモト氏の打ち合わせの中で

プライベートなことは一切答えなかったと

いわれています。

 

事実国籍や、性別なども不明なので

「いったい誰だ?」と首をかしげているのではないか

と思います。

 

サトシナカモトは100万BTCを保持しているといううわさ

ビットコインを世に出すことになった

 

サトシナカモト氏事態、ビットコインを保有している

といわれていて、

 

おおよそ100万BTC保持しているといわれています。

 

今現在1BTCあたり100万円の価値がありますから、

 

1兆円以上の資産価値をもっているということです?

 

「はあ?1兆」

おそらく私では

一生かかってでも、

 

 

お目にすることができない大金のひとつだと思います笑

 

なぜサトシナカモトは身を隠しているのか?

ここから私の意見になりますが、どうしてサトシナカモトは

姿を隠しているのか?

 

意見を書きます。

 

結論から言うと、自分の身を守るために

詳細を不明にしているのではないか

 

と考えています。

 

そもそもビットコイン開発者というだけで

全世界の注目が集められます。

 

そして100万BTCを保持しているのが

 

本当だったとたら・・・・

 

 

おそらく命を間違いなく狙われる可能性

が非常に高いです。

 

特に、現在ではビットコインを狙った殺人じけんなども

 

ちらほらと聞くようになりました。

 

今後全世界に仮想通通貨が普及していく。

 

その可能性を感じ一方で危険を感じた上で

詳細を明らかにしなかったのではないでしょうか?

 

 

今後も仮想通貨は発展していく

9ページの論文から始まりましたビットコインは

 

今後間違いなく生活の一部として変わろうとしています。

 

つまり、求める人が増えれば、

 

価値も間違いなくあがるというものですね。

 

今は規制などが起きて下落傾向ですが、

かならず法整備は通らないといけない未知なので

 

それを乗り切った先に開ける明るい未来を

想像していきたいですね。