「仮想通貨とは?うーん最近名前が出てきたけども」

ぶっちゃけ仕組み自体がよくわからないよ。

 

という人はいるかと思います。

 

 

実際私もそうでしたから初めて仮想通貨投資を

はじめたときは

「仮想通貨は儲かる」という

 

 

完全に他人からの情報を鵜呑みにしたのが

最初の始まりです。

 

 

今考えるとなかなか恐ろしいなと思いますが笑

 

今回は図解を使って仮想通貨の仕組みを

詳しく説明していきます。

 

参考いただけたらうれしいです。

 

仮想通貨の仕組みとは?

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

「仮想通貨って電子まねーなんでしょ?」

と概念は似ているのですが

 

実際には少し違います。

 

まず電子マネーはこんな感じで

使われています。

 

 

そう。ポイントは円などの法定通貨は

その種類でしか変更できないということです。

 

 

そのため、支払いは日本国内でしか行うことが

できないということになります。

 

仮想通貨の場合

仮想通貨は世界各国どこでも

 

パソコンを立ち上げれば取り引きすることが

可能になります。

 

 

そう。電子マネーでは、円をただ単に

変更したものですが、

 

仮想通貨の場合世界共通としてどこにいても

決済することが可能になります。

 

 

どうして世界中で取り引きができてしまうのか?

どうして個人のパソコンを立ち上げるだけで

送金が完了してしまうのでしょうか?

 

これは仮想通貨のP2Pシステムの中にあると

いわれています。

 

そもそもこれまでは、

銀行のクライアントサーバーを経由してしか

送金や記録を残すことはできませんでした。

 

 

よう

 

ようは仲介をするという印象ですね。

 

このため、何をするにしても仲介所を通して

銀行を通して・・・・

 

また円をドルに交換して・・・

 

多額の手数料を支払いーの。

 

まるで昭和の決済方法を

今もしているのが金融の事情なんです、

 

そんなときに

「世界共通のお金が生まれないだろうか?」

考える人が出てきたんですね。

 

そこで仮想通貨のP2Pシステムという

個人間でつながることができるシステムが生まれたわけです

 

そう。インターネットあれば、

個人と個人はつながり

 

支払いをすることは可能に成ります。

 

ここで見て盛ればよくわかりますが

クライアントサーバーというものが

存在ませんね?

 

これが非常に重要で仲介者や

管理者が存在しないということになります。

 

そうするとクライアントサーバーに膨大な

データーが蓄積することはまずないですし、

 

アクセスがいっぺんに集中して

処理が遅れるなどのリスクも軽減できますね。

 

「でもちょっとまって?」

「ところで、取り引きの記録はどこに

記録するの?」

 

と考えた人もいるかと思います。

 

確かにそうなんです。

 

 

取り引きには2重決済を防止する義務があります。

 

「ようはこの取り引きは絶対ですよ」

という証明書のようなものです。

 

もし証明書がないと決済をしていても

「私はまだ決済をもらっていませんよ」

とうそをつくこともできてしまいます。

 

 

そこでみんなで取り引き台帳を作ろうぜというのが

マイニングというシステムになります。

 

このようにブロックチェーンといって

これまでの取り引きをダイジェストデーターとして

記録。

 

整合性を持たせながらブロックを連結させていくために

 

必然と一番長いチェーンができていきます。

 

 

ブロックチェーンを書き換えようとしても

一番最初のブロックから

難解なハッキングを解いていき、

 

 

それを解いている間にまたまた、

新しいブロックが生成されていくので

 

 

ハッキングしている人はやる気をなくすような

仕組みになっているわけです笑

 

 

今後仮想通貨が金融革命を起こす?

そう。仮想通貨が金融革命を起こす

ということは

 

なんとなくイメージがついたんじゃないかと

思います。

 

 

実際に、

この金融革命はまだ

本格的には起こっておらず、

 

 

今後本格的に行われるといわれています。

 

 

すると発行上限枚数が決まっているビットコインは

求める人が増えて必然的に

価値は上昇するのではないかと

 

考えています。

 

 

金融革命間近に仮想通貨を保有しておくのも

資産運用には効果的といえるでしょう。