2017年に仮想通貨に関する法律が整備され、

仮想通貨がモノとしてではなく

 

決済の手段として認められました。

 

日本でもビッグカメラやHISなどさまざまな場面で買い物できる

ようになってきました。

 

 

そこスタバファンのあなたがぜひ知りたいことは

 

「ビットコインで決済ができるかどうか?」ということですね。

 

 

そこで今回はビットコインはスタバで利用できるのか?

ということについて書いてみます。

 

 

ビットコインでスターバックスの支払いを行うことができるのか?

ビットコインをスタバで使える?

 

今の段階では、日本で決済できるところはありません。

 

「難だよそれで話は終わりか?」

 

というわけではありません。

 

アメリカではすでに2014年から

 

スターバックスで決済できるようになっているんです。

 

専用のアプリにビットコインをためておき

 

バーコードを読み取るだけで支払いをすることができる

 

というシステムですね。

 

すなわち、今はまだ日本で導入されていませんが、

 

今後日本にも導入される日は遠くないだろうということです。

 

 

実際2020年には東京オリンピックがあります。

 

 

外国の人はスターバックス大好きですからね。

 

そのニーズに備えて導入される可能性が高いですね。

 

なっなんとアメリカのスターバックスではキャンペーン中?

なんとアメリカのスターバックスではビットコイン支払いをすることにより

キャンペーンを行っているということ。

 

ちなみに、ビットコイン支払いを行うことで

 

スタバのコーヒーが20パーセントOFFで購入することができること。

 

「めちゃくちゃお買い得やないかい」

 

と思いましたね。

 

 

なぜキャンペーンをするのか?というのは仮想通貨に関する

 

新たなプロモーションと考えることができます。

 

 

つまりビットコインをよりたくさんのお客さんに使用して

 

ほしいからということですね。

 

 

そこでキャンペーンを儲けておくことで

 

ビットコインを使うように促進しているということです。

 

 

今後日本でも市場が拡大していくにつれて

 

ビットコインキャンペーンなども行われていきそうですね。

 

 

 

飲食店で仮想通貨を用いるメリット

飲食店でビットコインを用いるメリットとして

 

手数料が非常に安いからだといえます。

 

 

実際クレジットカードであれば現金を使わずとも支払いを行う

 

ことができます。

 

 

しかし、クレジットカードには必ずといってよいほど

 

手数料がかかります。

 

そのクレジットカードはお店側が負担しています。

 

 

すなわち仮想通貨に切り替えを行うことで

 

自然とコストカットを行うことができるようになります。

 

また顧客側も、現金を持ち歩かなくてよいというメリット

がありますね。

 

 

特に外国では、買い物をクレジットカードで支払う

 

ことが非常に多いですから。

 

 

ウオレットで買い物できる仮想通貨は自然と定着している

 

と考えることができますね。

 

日本でもスターバックスの支払いを導入する日は近い?

アメリカではすでに決済採用されいますが、

 

日本でも今後スターバックスで決済を導入される人はそう遠くない

未来といえそうです。

 

シュルツ氏は、仮想通貨とその基盤技術であるブロックチェーンが今後数年で消費者の間で普及するにつれ、スマートフォンによる支払いを早い段階から採用しているスターバックスがその立場を生かせるだろうと説明。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-29/P3AHD46JIJUO01より引用

 

といち早くブロックチェーンの技術を決済に取り入れたことで

有名です。

 

 

この調子ですから日本でも決済を

取り入れる日は総遠くないことでしょう。

 

 

ただビットコインは値動きが非常に激しいボラリティの高さがあるので

いかに変動と対応をさせていくのかが課題になりそうです。

 

 

またビットコインのトランザクションの問題により、

今後送金つまりの問題もありますからね。

 

 

もしかしたらビットコインに変わる仮想通貨が決済という

分野を変えてしまうかもしれませんね。

 

 

スタバ採用により今後懸念される問題点

ただ仮想通貨決済をスターバックスで取り入れることは

必ずしも利益だけであると這いえません。

 

それはWIFIルーターの環境により

仮想通貨がハッキングされてしまったり、

悪用されてしまう可能性もあるという言うことです。

 

 昨年の12月、このマイニングに関するツイートが一部で話題になった。メール作成サービス「stensul」のCEOであるノア・ディンキィン氏によるもので、アルゼンチンのブエノスアイレスのスターバックスでノートパソコンからWi-Fiに接続しようとすると、ビットコインのマイニングに強制的に参加させられることが書かれていたのだ。

http://ascii.jp/elem/000/001/613/1613804/より引用

 

つまりこれはスタバにきたパソコンの処理能力を奪い取っていたと

考えることができます。

 

マイニングはプルーフオブワークというアルゴリズムを採用しており

いかにパソコンに働かせるのか?

 

ということが大きく利益を出すためのに重要に

なってきます。

 

そこで客のパソコンをマイニンングに参加させるということは

非常に合理的な方法で

かつ非常に悪質な方法であると考えることができます。

 

 

※ちなみにこのような細工をしたのは、

スターバックスでないことはご了承ください。

 

これから考えられるリスクとして、

今後スマホにいれてビットコインを持ち歩く人が増えていくにつれて

 

WIFIなどの環境を利用して

仮想通貨を盗んでしまおうと考えるひとが出るかもしれない

ということです。

 

 

仮想通貨はどうしてもインターネット上に存在するために、

 

ネットからのサイバー攻撃を受ける可能性があるのです。

 

 

もちろんネット上とつながらないコールドウオーレットに保管するという

 

方法もありますが、24時間ずっとというわけにもいきません。

 

 

今後店舗での決済拡大に備えていかにセキュリティに対策をするべきなのか?

ということも課題になりそうですね。

 

 

日本でもより飲食店の導入が増えるだろう

今後日本でも飲食店の導入がより増えていくのではと考えています。

 

日本は遅れ気味ですが、

 

まだビットコインそのものを知らないというケースが非常に

高いです。

 

「よくわからないから。そんなの使う気がないよ」

と拒否反応も出ている人も多いのではないかと思います。

 

 

そもそもアメリカなんかでは、投資の授業など小学生のときから

 

教育として行われていることが多いです。

 

 

また文化としてクレジットカードなどで支払いをすることが多く、

現金を持ち歩かないというのも仮想通貨決済を

スムーズにしたのかもしれません。

 

 

日本では投資そのものの授業はされていないので

 

「なにそれ怪しいんじゃないの?」

といいうふうに感じてしまうことが多いんです。

 

 

現在ようやく仮想通貨と言う言葉を知りだし

 

投資を始めた段階なので今後実用化まで

 

もう少しといったかんじですね。

 

この2018年で大きな変化が起きると個人的には予測しています。