もし今利用している取引所が

 

潰れてしまったら・・・・

 

そう考える人は私だけではないかと思います。

 

実際に今もコインチェックには

仮想通貨が人質になっていますから。

 

コインチェックのまだ見ぬ倒産を予想しては

 

夜も眠れぬ日々をすごしている人は

中にはいると思いますね。

 

では仮想通貨取引所が潰れてしまうとどうなるのでしょうか?

 

 

仮想通貨取引所が潰れてしまうと預けている日本円仮想通貨は帰ってこない

まあ結論から言いますと

取引所が潰れてしまうと

 

預けている日本円、仮想通貨はすべて潰れてしまうことは

間違いありません。

 

実際に銀行であれば、

最悪の場合倒産しても1000万円までは帰ってくるように

なっています。

 

しかし仮想通貨はそもそもそういった保証がされていないので

 

預けたものはすべて無に帰してしまいます。

 

2014年に起こったマウントゴックス事件も

結局は会社を倒産させてしまいました。

 

ビットコインが抜き取られた事件で

実際に社長のマルクカルプレスにも

 

容疑がかかったことで有名です。

 

結局保障などできなかったマウントゴックスは潰れてしまい、

 

預けていた人の保障は一切されませんでした。

 

 

仮想通貨取引所の倒産のリスクから身を守るためにできること

安全で保障のある取引所を選択する

まず、取り引き所を倒産に追い込む可能性は

 

一番高いのはハッキングです。

 

サイバー攻撃をされて、

仮想通貨をハッキングされた結果、

倒産をきたしてしまうというところは

 

これまでも多くありました。

 

つまり仮想通貨が持ち去られないセキュリティの

高いところで通貨を保管している

のがポイントになります。

 

つまり、コールドウオーレットで保管している

取引所は必須といえそうです。

 

また最悪の場合も備えて、

不正出金に対する

 

補償制度を設けているところも

必要ですね。

 

そうであれば国内ではビットフライヤーが

お勧めになります。

 

ビットフライヤーは銀行なども資本を投資しているために

信頼性は非常に高いです。

 

国内ナンバー1の販売所になります。

 

 

資産をコールドウオーレットに移動する

次に自分の資産を

 

コールドウオーレットに移動してしまうことも

 

ひとつの手です。

 

ハードウオーレットというものに

USB端子のようなものに、

仮想通貨を預けておくことで

 

外部からのハッキング攻撃を防ぐことが

大事です。

 

ただ大事なのは

公式サイトから購入することが

重要です。

 

 

理由は、どこからかわからないものを

購入してしまうと

細工されてしまう可能性があります。

 

 

そのことでハッキングされてしまえば

たまったものではないですからね。

 

必ず正規の公式サイトから

購入したものを

使用するようにしまししょう。