今回は仮想通貨トロンTRXについて

説明をしておきます。

 

トロンは比較的新しい仮想通貨で、

まだまだ知らないひとも多いかもしれません。

 

ICOがすぐに売り切れたことでも話題に

なりました。

 

仮想通貨トロンの概要

トロンはコンテンツ業界で

世界中の誰もが楽しむことができる、

エンターテイメント構築を目指した。

 

プラットフォームになります。

例えば、日本では、ユーチューブがありますよね。

実際にはユーチューバーと言われる人が

動画を構築し、

視聴者に再生されることで、

広告収益を得ることが一般的です。

 

そこでトロンで報酬を支払うということも

今後できるかもしれません。

 

実際には質の高いコンテンツが

投げ銭としてより高い報酬が支払われば、

もっと面白い動画を作ろうと

気合い入るのは私だけでしょうか笑

トロンが誕生した背景は

2017年と比較的新しい仮想通貨ですね。

 

トロンを開発したのは、

 

ジャスティンサンとは言われる人で

仮想通貨開発者であり、CEOの1人です。

 

1000万人が、利用していると言われる

音楽ストリーミングサービスの

peiwoを利用しています。

 

仮想通貨開発者が企業化しているので

自身のエンターテイメント業界でも

よりトロンを取り入れるために

プロモーションをかける可能性がありますね。

 

支援者はあのジハンウー氏

なんとトロンには、

中国の有力マイニング会社bitmain社の

ジハンウー氏が含まれています。

ちなみにジハンウー氏の発言で

仮想通貨が値動きするという

重要人物です。

こういった支援者がいるのは

熱い材料ですね。

発行枚数

トロンの発行枚数は

1000億枚です。

少し多いのではないかという声がありますが、

今後エンターテイメント業界で大掛かりに実用化されれば、

1000億枚は案外大した量にはならないかも
しれません。

 

実際に私達も何千万人もユーチューブ動画を見ていますからね。

それが世界規模になれば

需要が非常に見込めるのでは

ないでしょうか。

 

トロンの特徴

では仮想通貨としての

トロンの特徴はどうなのでしょうか。

1.デジタルコンテンツをブロックチェーンを用いて分散型に管理

トロンの特徴は、コンテンツをブロックチェーン上に記録し、

各自世界中のコンピューターで管理を行うことです。

 

一つのクライアントサーバーに集中することはないので、

 

データーが中央に集まるということは

なくなりますね。

 

分散で管理するので

処理の時間や手数料などカットすることができます。

 

ちなみに自分のストレージを貸してあげる
人をマイナーと呼び、

報酬が支払われる仕組みになっています。

 

また各個人がブロックチェーン上で

自由にアップロードできるのも

一つの特徴的です。

 

個人同士のコンピューターが

互いにつながることにより

トロンネットワークが形成されていく

というしくみになります。

 

ロードマップが非常に長い道

次にトロンはコンテンツ系の

プラットフォームにいたりますが、

ロードマップにはおおよそ10年の時をかけて

 

構築していくと経過は壮大です。

ただ、10年というのは

非常にながいんじゃないか?という

批判もあります。

 

確かに仮想通貨は

数年の中でものすごい成長をみせています。

 

日進月歩の時代です。

 

そんなとこと比べると

物足りないのかもしれませんね。

 

ただ修正は今後もされるのではないか
と思いますね。

トロンチャート

ではトロンのチャートを見てみましょう。

このこのように見てみると

最初のころと比べて、

 

すごくトロンはよくあがったなと

考えることができますね。

 

実際、当初は0.2円台そして

2017年の年末には26円と価格高騰をしているので

 

おおよそ、100倍以上に高騰していることがわかります。

 

年末ではものすごい価格高騰が

おきました。

 

草コインと呼ばれていたXPコインも

大幅に上昇をきたしました。

 

 

現在は仮想通貨暴落の波にのっとり

自然と価格が落ち着いており、

 

おおよそ4円台で経過をしています。

 

 

トロン(Tron)の将来性は?

トロンは今後どうなるのか?

「もう下がってしまってどうしようもないんじゃ・・・」

 

私であれば

もう一回あがるチャンスがあるのでまだまだあきらめないでほしいという

ことの一言ですね笑

 

 

そもそもジハンウーが押しているトロンですから、

間違いなく今後エンターテイメント業界で

 

活躍することは間違いありません。

 

そのトロンが実用化されていく過程で

確実に価値が上がるのではないかと

考えています、

 

 

また、tron事態、多数のtrxを保有しています。

 

 

ゆうに342億枚分保持しているとされているのですが

 

これを2020年までにロックアップしていることも

 

非常に大きいです。

 

 

このロックアップは凍結という意味で急に売られて

価格を下げる心配をしないですみます。

 

また出回るトロンが少なくなりますから、

価値が必然的に上がるということですね。

 

 

特に2018年以降はトロンの年になるのでは

ないかと個人的に予測しています。