仮想通貨を大分知ってきた

人はぼちぼちいるんじゃないでしょうか。

 

投資の中でも仮想通貨は

ボラリティが高いと言われます。

 

ではそのボラリティというのは

いったい何でしょうか?

 

この記事では仮想通貨のボラリティについ

て詳しくお伝えをしていきます

 

 

仮想通貨のボラリティが高いというのはどういうこと

では仮想通貨のボラリティが高いというのは

いったいどういうけとでしょうか。

 

 

簡単にいうとボラリティが高いというのは

 

値動きが非常に激しいということ

です。

 

 

例えば円やドルについて考えてほしいの ですが、

 

24時間のうちで10パーセントさがるなんて

 

ことはまずありません。

 

もしそういうことがおこれば

新聞一面にニュースをかざることに

なるでしょうね笑

 

 

ただ仮想通貨はボラリティが高いために

 

1日でも、10パーセントなど簡単に動きます。

 

いや数分でがくっと動くことも

頻回にあります。

 

 

些細な時間で考えられないぐらいに

値段が動いているのがわかりますね。

 

 

どういったことで値段が動くのか?

まだまだ発展段階のためにイベントごとに

 

値段が激しく動くことが

特徴です。

 

 

例えば上場の情報や、

 

企業が仮想通貨を採用する

 

アップデート予定が知らされる

 

ロックアップなどイベントごとに値段が動いてしまいます。

 

 

上記のような情報があれば

時間の長さはあれど値上がりする可能性は高いです。

 

 

逆に各国で金融庁などが勧告。

 

政府が規制をすすめているという情報。

 

また、大企業の偉いさんが詐欺と発言すること。

 

このような情報で値下がりを決めてしまいます。

 

 

悪い意味で言えば不安定ともいえますね。

 

 

ボラリティが高いことのメリット

価格が上昇すれば、その差額分で利益を出すことが可能になる

価格が上昇の幅が大きければ

大きいほど差額を利用して

利益を出すことが可能になります。

 

 

また暴落しても、買い増しをすることで

値上りした際に売却することで利益を

出すことが可能になります。

 

 

ボラリティの高さならではの

利益率の高さがありますね!

 

 

ボラリティが高いことのデメリット

利益もあるが損失も大きい

ボラリティが高いことてデメリットがあります。

 

 

それは価格が上昇することで利益を

得られる反面。

 

 

暴落などで被る損失も非常に

大きくなります。

 

 

特にレバリッジを効かせた仮想通貨

FXをした場合、損失で一気に資金が

溶け込んでしまうので注意をしないといけません。

 

 

ハイリスクハイリターンの要素が非常に

大きいと言えます。

 

 

決済などがしにくい

例えば支払にビットコイン1万円分が
必要として。

 

ビットコインが5分のうちに暴落

しては価値が下がってしまい

支払ができなくなってしまいます。

 

 

すなわち値動きが激しいごとにより

 

相場が変わり支払に困難する

ケースです。

 

 

最近こういった問題を回避するために

 

AIを利用して、

 

仮想通貨決済をさせようと開発をしているみたいです。

 

AIが相場を解析し、それに対応して支払を

行わせるみたいです。

 

 

今後もAIなど技術を連携させたものが

出てくるかもしれません。

 

初心者は中長期で投資をしましょう。

 

仮想通貨は将来性が高く

今後も価値が上がる可能性が非常に高いです。

 

 

すなわち中長期でもっておけば

 

多少の価格差はきにしなくても大丈夫に

なります。

 

私も中長期を見ての投資をしていますが

 

そちらの方が精神的にも

非常に楽ですからね笑

 

 

価格が下がれば一気に売って

でもまた価格がもどって

 

そのまま上がってしまう。

 

 

このように値動きの激しさに

巻き込まれてしまう可能性が

ありますから笑

 

例えば自分の中でルールをきめておくのも

良いでしょう。

 

 

東京オリンピックをめどに

高騰したら一度売却しようという風にですね。

 

 

私はリップルを保持していますが

 

個人的に1万にあがるまでは

売らないときめています笑

 

 

特に初心者の場合は中長期で投資を

こころがけていきましょう。