今回仮想通貨で非常に

重要なホワイトペーパーについて

 

説明をしておきます。

 

このホワイトペーパーはどれぐらい重要かと
いうと

 

今後の仮想通貨投資選びなどに失敗しないために
も非常に重要になります。

 

実際にホワイトペーパーは「白書」といって

 

技術資料や、統計資料として

一般企業も発表をしています。

 

では仮想通貨ではホワイトペーパーに

何がかかれているのでしょうか?

 

 

ビットコインのホワイトペーパーは何がかいているの?

では仮想通貨の始まりといわれる

ビットコインのホワイトペーパーを見ていきましょう。

 

Abstract. A purely peer-to-peer version of electronic cash would allow online
payments to be sent directly from one party to another without going through a
financial institution. Digital signatures provide part of the solution, but the main
benefits are lost if a trusted third party is still required to prevent double-spending.
We propose a solution to the double-spending problem using a peer-to-peer network.
The network timestamps transactions by hashing them into an ongoing chain of
hash-based proof-of-work, forming a record that cannot be changed without redoing
the proof-of-work. The longest chain not only serves as proof of the sequence of
events witnessed, but proof that it came from the largest pool of CPU power. As
long as a majority of CPU power is controlled by nodes that are not cooperating to
attack the network, they’ll generate the longest chain and outpace attackers. The
network itself requires minimal structure. Messages are broadcast on a best effort
basis, and nodes can leave and rejoin the network at will, accepting the longest
proof-of-work chain as proof of what happened while they were gone.

https://bitcoin.org/bitcoin.pdfより引用

 

うーん英語は難しい・・・・

 

そこでコインチェックさんの日本語訳を借りてきました。

 

純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。最長である一連のチェーンは、取引履歴を証明するだけでなく、それがCPUパワーの最大のプールから発せられたことを証明する。大多数のCPUパワーがネットワークを攻撃していないノード(ネットワーク接続ポイント)によってコントロールされている限り最長のチェーンが作成され、攻撃者を凌ぐ。ネットワーク自体は最小限の構成でよい。メッセージは最善努力原則で送信され、ノードは自由にネットワークから離脱、再接続することができ、離脱していた間のイベントの証明として最長のプルーフ・オブ・ワークチェーンを受信する。

https://coincheck.com/blog/292より引用

 

英語は意味がさっぱりわかりませんが、

 

日本語訳は非常に納得がいきます。

 

2重決済防止のための取引の記録

マイニングによるブロックの承認

ブロックチェーンの仕組み

 

などが読み取ることができます。

 

仮想通貨に慣れていない人はすこし

難しいかもしれません。

 

このように

仮想通貨のブロックチェーンや理念が記載されているのが

 

ホワイトペーパーの特徴です。

 

 

ICOに参加するときはホワイトペーパーを読むことは必須

このようにホワイトペーパーを読むことで

 

その仮想通貨の目的や構造がよくわかることが
多いです。

 

たとえばICOに参加するときは
ホワイトペーパーを読むことは

必須になりますね。

 

もしホワイトペーパーを呼んで役にたつと

考えるのなら

 

それは人に求められて価値をあげていく

可能性が非常に高いです。

 

 

逆に書いてあることがよくわからなかったり・・・

 

そもそもホワイトペーパーがないという場合は

 

ICOで資金だけを集めてドロンするという

可能性も少なくはありません。

 

 

損をしないためにも仮想通貨もホワイトペーパーを読むことは

必須です。

 

 

まずはビットコインのホワイトペーパーを呼んで理解できるように

ほかのICOのホワイトペーパーを読む前に

まずはビットコインのホワイトペーパーを

呼んでみましょう

 

そうすることで仮想通貨の基本が身につくからです。

 

そうするとほかのICOのホワイトペーパー

も読めるようになってきます。

 

 

参考にしてみてくださいね。