さて今回は仮想通貨リップルと

イーサリアムのどちらを購入するべきか?

 

と考えたときにどちらを購入するべきか?

 

ということについて書いていきます。

 

当然両方とも購入しておくべき。

といいたくなりますが、

 

それだと、話が終わっちゃいますから笑

 

それぞれの特性を踏まえて検証していきたいと思います。

 

リップルもイーサリアムもまるで性質が違う

まずリップルもイーサリアムもですが、

性質がまるで違うということを

知っておいてください。

 

リップル

リップルの機能は円やドルなどの法定通貨をつなぐ、

ブリッジ通貨という特性を持っています。

特に円やドルと法定通貨で使われる

海外送金に用途があります。

 

次にIOUという電子借用システムがあります。

 

つまり、リップルで貸しが有る人に電子借用書を発行し、

 

別の買い物をしても借用書を発行した

ほかの人に払ってもらえるという

ネットワーク的な特徴があります。

 

イーサリアムの場合

イーサリアムでもっとも特徴的なのは

契約内容をブロックチェーン上で

記録することができる

 

スマートコントラクトというシステムです。

 

つまり、保険や商談で今まで書いていた契約書を

書かなくてよいということですね。

 

保険や車のデイーラを通さなくてもよいので

ビットコインよりも実用性が非常に高いんですよね。

 

どちらの通貨も価格高騰の好材料を控えている

どちらも価値が上がるという理由に

2018年も価格高騰の材料を

 

控えているということになります。

 

まずリップルは数多くの銀行提携の

発表があとにたちません。

 

つまり、その発表が多ければ多いほど

いよいよ世界送金が実用化になっていく

ということになります。

 

またコインベースやSBIなど上場も

控えているということで

流動性が増し価値をあげる可能性があります。

 

イーサリアムはマイクロソフトなどの世界的企業が

開発に力を入れている点です。

 

スマートコントラクトなどのシステムをたずさえ、

今後保険や契約などさまざまな領域で

イーサリアムが本格的に使われていくのではないか

 

と考えています。

 

またイーサリアムはICOなどの基軸通貨になっていることが多いです。

 

ようは仮想通貨イーサリアムに買えて

 

ICOを購入する場面があるので

自然と取り引きが増すという考え方です。

 

どちらも将来性が高いがあえて押すならリップル?

どちらもこれからの通貨で

将来性が非常に高いといえますが

 

あえて買うのであればリップルよりかな?

 

と考えています。

 

まずリップルは発行枚数が多く

単価が安いために

 

比較的、仮想通貨参入者に受け入れられやすいということです。

 

100円が200円になると展望が見えやすい点でしょう。

 

次にAIのWebbotはリップルのことを

2018年価格が高騰すると明言しています。

 

ちなみにAIはブログや、ツイッターなど投稿を

集計し、その感情を読み取るといわれていますから。

 

 

それだけリップルに期待が集まっている

とも考えることができますね。

 

どちらもGMOコインで購入することが可能です

どちらを買うべきか?

迷うのであれば

GMOコインで両方を買うことができます。

 

 

自分なりのポートフォリオを組み

分散投資させるのも面白いかもしれません。

 

 

実際ネムに代表されるように

1点投資をしてコインチェック騒動で

ずべてを失った人もいますから。

 

分散投資の考えはすごく大事ですね。