ビットコインは実際にマイニングをすることで

報酬を得ることができます。

 

パソコンの計算能力を貸すことで

ビットコイン取引を承認し、

 

報酬を得るという仕組みになっています。

 

 

そこで今回はリップルコインがマイニングできるのか?

 

 

ということについて記事を書いていきます。

結論から言いますと

マイニングすることはできません。

 

「あれ?話は終わった?笑」

となりますが。採掘ができないだけで

 

実際にリップルをもらう方法は存在するということです。

 

 

 

今回はその部分を詳しく説明していきます。

 

 

リップルがマイニングできな理由は総発行数が決まっており、すでに世にでているから

ビットコインがマイニングできるのは

 

まだ総発行数のコインが

まだ世の中に出ていないからなんです。

 

 

ビットコインは発行数が2100万枚と決まっていますが。

そのビットコインそのものが

 

すべて世の中に出ていなんですね。

 

 

そのために、マイニングという取引承認を行うことで

眠っているビットコインを採掘します。

 

 

これがいわゆるマイニングというものです。

 

 

ビットコインは最初からすべての発行枚数が

 

出ていたわけではなく、マイニング行うことで

 

出回るビットコインを増やしてきたということなんです。

 

 

 

そこでリップルコインはすでに1000億枚という発行枚数が

 

世の中に出ているのでマイニングしようがないんです。

 

 

 

ビットコインとリップルの発行の違い

「うーんビットコインとの総発行の違いがよくわからない」

 

という人のためにビットコインとリップルの発行量の

 

違いについて説明しておきます。

 

 

まずビットコインは2100万枚という発行量が決まっていて

まだすべてのコインが世に出ていないということ。

 

 

そのために、まだ眠っているコインを採掘していきましょうというのが

マイニングです。

 

 

リップルは1000億枚すべてが発行されていて、ブリッジ通貨として円やドルなどの

間に挟まれるようなトークンというような役割があります。

 

 

使われたリップルは破棄されていき、徐々に減っていく仕組みになっているのです。

 

 

リップルの承認は誰が行うのか?

ビットコインは承認作業をマイニングという採掘報酬を得る代わりに

 

「この取り引きが妥当なのか?」ということを照らし合わせていきます。

 

 

「ちょっとまって。リップルは誰が承認取り引きをするのさ」となりますね。

 

 

 

承認作業を行う人はノード(参加者)と呼ばれる人たちで

 

リップル社が選出したバリテーだーと呼ばれる人たちの間で

 

取り引き承認を行っているということ。

 

 

リップルは他の仮想通貨の中でも独特の管理者体制

リップルはビットコインのように分散型台帳を承認する(台帳をつける)

というシステムではありません。

 

 

一言で言うとリップル社がシステムを管理している

ということになります。

 

 

ちなみに1000億枚のうち

リップル社が600億リップル持っています。

 

 

 

最初は、リップル社そのものが大半の仮想通貨を持っているので

「価格操作をされるんじゃないか?」とみんな心配していましたが、

 

2017年にリップルがロックアップを完了し、

周りの人を安心させてくれました。

 

 

 

⇒詳しくはリップル社がロックアップを550億枚完了?という記事を

参考にしてみてください。

 

 

 

つまりこれは仮想通貨が一気に世に出てしまうことで

 

生まれてしまうハイパーボラリティというものがありますが、

管理者であるリップルがロックアップをしてしまうことで

 

ボラリティリスクを減らそうとしているということがわかります。

 

 

このように管理者が調整を行い市場や承認を行っているのが

リップルの特徴になります。

 

マイニングが存在しないことで得られるメリット

「マイニングが無いことでなんかいいことあるの?」

はい。実はメリットもあります。

 

つまり開発者とマイナーの間で意見が分かれないということです。

 

 

たとえば

 

 

発者⇒いかに機能性の高いコインを作れるか

マイナー⇒いかにマイニングを効率的に行うことで利益を得ることができるか

 

ということで、そもそも考えが別れているのです。

 

 

ビットコインにsegwit2xというのを実装すると開発者の中で提案がされましたが

 

「それをされたらマイニングできなくなる」とASIC BOOSTを利用している

ビットメイン社が反発をしたことで

ビットコインが分裂してしまうという騒動もありました。

 

 

マイニングをすることで開発者とマイナーとの意見がぶつかることもあり、

分裂などの騒動を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

そこで管理者をおいてシステムを管理してしまうことで

「いかに仮想通貨を使えるようにしていくか?」という

リップル社の意図フルに反映させることができるようになります。

 

 

その結果管理者はよりリップルが使われるようになる

 

銀行はスムーズに国際送金をすることができる

というように双方の意見が一致しやすいといえます。

 

 

つまり非常にWINWINの可能性を秘めているということになりますね。

 

リップル社は不正をしないのか?という心配

管理者が承認をしていくことで「リップル社が不正をするのではないか」

という心配があります。

 

 

つまりうその承認を行う可能性があるということ。

 

しかしそれをしてリップル社が得をすることがあるのか?

 

ということ。

 

リップル社がいかに「リップル社の技術を世界中に使われていくのか」

 

ということに重点を置いています。

 

 

そこでもし不正を働いたら「誰もリップルのことを信用しない」

 

ということになりますね。

 

 

またリップルは承認をするノードという存在を増やしていく方針です。

 

承認をする人が増えれば、増えるほどより公正に近づく可能性が

 

非常に高いです。

 

 

 

リップルはマイニングすることができないが、無料でもらうことは可能

リップルコインはマイニングすることはできませんが、

 

まるでマイニングをしているかのように、

 

無料でリップルをもらうことができます。

 

 

World Community Gridというプロジェクトに参加して

 

世界に貢献する代わりにリップルが支払われるということです。

 

 

マイニングと共通していう点は、持っているコインぴゅーターの

計算能力を貸してあげるということですね。

 

 

実際には

エボラ出血熱⇒医療

小児がん治療

低コスト太陽エネルギー・システムの実現⇒エネルギー

マラリアと結核の新たな治療法の研究⇒疫病

低コストな水ろ過技術の実現に向けた、カーボンナノチューブの量子特性分析⇒新技術

 

などがあります。

 

 

ようは医療や、新エネルギーの開発、疫病など、

それぞれの分野にパソコンの処理能力をかしてあげことで

 

対価としてリップルを受け取ることができるということですね。

 

 

ちゃんと、リップルを受け取る仕組みはあるということなんですね。

 

 

マイニングは存在しないほうがいい?

マイニングは台帳の承認作業ですが、

一言で言うと、

 

仮想通貨を採掘してお金を儲けるという目的です。

そりゃそうです。

 

 

そうでなければ中国をはじめとするマイニング事業が

発展することなんてありませんでした。

 

 

つまり、マイナーは

「いかに簡単に、たっぷりと。採掘量の少ないものよりも

たっぷり採れるように」

 

ということに重きを置いています。

 

そういった意見からビットコインゴールドなど

新たな仮想通貨をハードフォークで枝分かれ

 

させようとするわけです。

 

そうすると、コインが分裂しすぎて

信頼性が失いますね。

 

このようにマイニングを実施するとマイナーよりの考えになるので

仮想通貨の特徴を

 

大きく損なっていることは懸念されています。

 

 

マイニングがないことで自然と保持者と、

開発者の利益が、一途していきますからね。

 

 

今後、SBI取引所などもリップルを扱うことは

間違いないでしょう。

 

今後もリップルの活躍が非常に楽しみです。