いよいよ。確定申告が近づいてきましたね。

 

「うわ面倒くさい」って私も

正直思っています。

 

そこで今回は仮想通貨の税金について

書いておこうと思います。

 

そもそも仮想通貨は雑所得に分類していて

 

税率が場合によっちゃ。結構高いときも

あるんですよね・・・・

 

「早く改善されないかな」って本当に思います。

 

 

仮想通貨の利益は雑所得に属する

仮想通貨ですが

 

それで得た利益は

雑所得に分類されます。

 

FX

 

公演

 

アフィリエイト

 

なども雑所得に属しますね。

 

ちなみに税率なんですが、

 

①195万円以下:所得金額x5%
②195万円超330万円以下:所得金額x10% – 97,500円
③330万円超695万円以下:所得金額x20%- 427,500円
④695万円超900万円以下:所得金額x23% – 636,000円
⑤900万円を超1,800万円以下:所得金額x33% – 1,536,000円
⑥1,800万円超4,000万円以下:所得金額x40% – 2,796,000円
⑦4,000万円超:所得金額x45% – 4,796,000円

https://media.mid-works.com/archives/727より

 

ということになります。

 

ちなみに億り人になってしまうと

 

すべてを換金したとしても

おおよそ住民税とあわせても

おおよそ半分以上が

 

 

税金として取られてしまうということになります。

 

「まじかよ」思っている人は

私だけではないと思います笑

 

 

そのため、あえて仮想通貨を日本円に換えないで

じーっと持っている人も中にはいるでしょうね。

 

 

どんなときに税金とみなされるの?

ちなみに仮想通貨を購入し、

それを持っているだけでは、

 

税金はかかりません。

 

そりゃそうですよね。

 

それで税金をとられてしまったら

たまったもんじゃないです笑

 

実際には給与所得とは別で、

20万円以上の年間利益

 

譲渡の場合は50万円以上の利益の場合

 

は税金としてかかります。

 

仮想通貨を日本円で利確を行う

持っていた仮想通貨を日本円で利益確定することで

 

それが、雑所得の対象となります。

 

 

たとえば、10万円を仮想通貨に投資して

 

100万円の利益を出した場合、

 

100-10で90万円分が利益となります。

 

 

その90万円に税金がかかるということになりますね。

 

 

仮想通貨で買い物をしたとき

次に仮想通貨で決済をしたときの

税金がかかります。

 

 

ビットコインでビッグカメラや

 

HISなどに利用した場合ですね。

 

 

仮想通貨を別の通貨に交換したとき

ちなみに仮想通貨を別の通貨に変更したときも

税金がかかるので注意をしましょう。

 

 

ただこの辺に関しては非常に

複雑になっているみたいです。

 

そもそも複雑な仮想通貨の流れを個人個人が

やっているので

 

国自身がそれを追跡できるの?という

 

疑問もあります。

 

ただこの辺に関しては

税理士さんに相談をしたほうが

 

確実であるといえますね。

 

 

知らなかったではすまされない確定申告

「すみません。確定申告しないといけないの

わかりませんでした。許してください」

 

といっても

ゆるしてくれないのが、

国の現状でしょうわ笑

 

 

そう。知らなかったではすまされないのが

税金の世界です。

 

また税金に限ったものではなく、

「なんとなくで投資をした」というよくわからない

 

状況で暴落して「知らなかった」ではすまされませんね。

 

そのために仮想通貨を運用していく上では

基本的知識をしっかりと

 

身に着けることが大事になります。

 

知らなかったで損をしないようにしていきましょう。